触媒・資源化学プロセス

エネルギーを高効率に使いやすい形に変換する過程で必須の“触媒”を開発。また環境汚染物質をできる限り低減した資源化学プロセスを作る~環境学とつながる化学工学

人工光合成   光触媒   排気ガス浄化触媒   高効率変換

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
和田雄二 馬場俊秀 山中一郎
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
鎌田慶吾
理学院 化学系
【 主な研究者 】
八島正知 前田和彦 小松隆之

大阪大学

工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
山下弘巳 森浩亮
基礎工学部 化学応用科学科 化学工学コース
【 主な研究者 】
水垣共雄

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
坪内直人 清水研一

東京大学

工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
山口和也
工学部 化学システム工学科
【 主な研究者 】
菊地隆司

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
冨重圭一 村松淳司

京都大学

工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
江口浩一 田中庸裕
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
吉田寿雄

名古屋大学

工学部 化学生命工学科
【 主な研究者 】
薩摩篤

千葉大学

工学部 総合工学科 共生応用化学コース
【 主な研究者 】
一國伸之 島津省吾

横浜国立大学

理工学部 化学・生命系学科 化学教育プログラム
【 主な研究者 】
稲垣怜史 窪田好浩

九州大学

工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
永長久寛

その他の優れた大学

大学詳細

弘前大学

理工学部 自然エネルギー学科

【エネルギー科学】 北国特有の要素を加味しつつ次世代エネルギー利用の研究を実施している。

山梨大学

工学部 応用化学科

【エネルギー科学】 燃料電池、太陽電池等エネルギー資源利用に関わる研究の大きな拠点である。

熊本大学

工学部 材料・応用化学科

【環境触媒】 元素戦略的な研究を推進する町田正人先生が在籍している。

東京都立大学

都市環境学部 環境応用化学科 /金の化学研究センター

【金触媒】 金の化学研究センターには、金の触媒作用をはじめて見出した春田正毅名誉教授が研究アドバイザーとして在籍している。


海外で学ぶなら

大学詳細

厦門大学(中)

化学化工学院

【触媒化学】 物理化学系の優れた研究者が多く在籍している。

主な研究者

研究者詳細

リサイクルが容易な高性能プラスチックの合成を可能にする高性能触媒

野村琴広
東京都立大学
理学部 化学科/理学研究科 化学専攻

環境問題に対する対策として、原料が入手容易でリサイクル容易、にもかかわらず優れた機能を発揮するオレフィン系ポリマーの開発が注目を集めています。この種のプラスチッ・・・

希少金属に代わる排ガス除去用の合金触媒開発に成功!~触媒開発は現代の錬金術

宍戸哲也
東京都立大学
都市環境学部 環境応用化学科/都市環境科学研究科 環境応用化学域

AをBという物質に変換したいとき、化学反応の前後でそれ自身は変化しないが、化学反応を効果的にかつ、少ないエネルギーで進むようにする存在、それが触媒です。例えば、自・・・

佃達哉
東京大学
理学部 化学科/理学系研究科 化学専攻

【クラスター化学】数原子から数百原子程度で構成されるクラスターの化学を展開。

山口和也
東京大学
工学部 応用化学科/工学系研究科 応用化学専攻

【触媒化学】1原子、1分子レベルでの金属酸化物の精密設計、合成の研究を行っている。それによって酸化触媒として優れた特性を示すポリオキソメタレートを高効率に合成することができる。

鎌田慶吾
東京工業大学
物質理工学院 材料系/フロンティア材料研究所

【触媒化学】新たな設計思想に基づく革新的な固体ブレンステッド強酸「カーボン固体酸」を創出。液体酸と同等かそれを凌駕する触媒性能を発揮するうえ、環境負荷が小さいというメリットを持つ。木材粉を原料とした大量製造法の確立も進めている。

本倉健
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【触媒化学】複数の機能を有する触媒の精密設計。

阿部竜
京都大学
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース/工学研究科 物質エネルギー化学専攻

【触媒化学】太陽光水素製造実現に向けた高効率の光触媒の開発に挑み、水の光分解による人工光合成の方法を確立する。

田中庸裕
京都大学
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース/工学研究科 分子工学専攻

【触媒化学】環境負荷低減、循環型社会を目指した次世代の触媒化学システムを構築。できるだけ希少元素の使用量を減少させた新技術の創出のための、元素戦略を推進する拠点長を務める。

満留敬人
大阪大学
基礎工学部 化学応用科学科 化学工学コース/基礎工学研究科 物質創成専攻

【触媒化学】染料、溶媒、医薬品などで有用な機能を持つアンモニア系化合物、アミンを合成する触媒を開発。温和な条件下で高効率にアミンへ返還できることを世界で初めて実現した。

尾中篤
東京農業大学
生命科学部 分子生命化学科

興味がわいたら

よくわかる工業触媒

触媒学会:編

触媒は最終製品として目に入ることが少ない縁の下の力持ち的な存在だ。具体的に身の回りで触媒がどのように使われているのか、どのように役に立っているのかをまず知って欲しい。そしてその上で、将来にわたって持続的な社会の実現には、エネルギー・環境の問題の解決は、避けて通ることができないこと、これらの問題の解決には化学の力で何ができるのかについて考えてもらいたい。例えば、自動車や燃料電池でも触媒の力は必須であり、現在進行形で高機能な触媒の開発が進んでいることなどを、この本を通じて実感してもらいたいと思う。 (日刊工業新聞社)


トコトンやさしい触媒の本

触媒学会:編

最終製品として目に入ることが少ない縁の下の力持ち的な存在である、触媒。この本では、触媒そのものの簡単な定義から、現在稼働している触媒を用いたプロセスの具体例が広く紹介されている。触媒やプロセスの稼働条件だけではなく、得られる化成品が身の回りでどの様に用いられているのかについても紹介がなされている。 (日刊工業新聞社)


分子レベルで見た触媒の働き 反応はなぜ速く進むのか

松本吉泰

化学反応を見るために必要不可欠な、触媒。その触媒の働きと固体表面で起こる現象について、比較的平易な言葉と内容で説明しているのがこの書籍。高校化学で教わった化学反応の実験を、触媒の側面から理解できる。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ