エネルギー関連化学

有機薄膜太陽電池、有害物質を分解する光触媒の開発など化学を用いた方法ならではの技術で、環境にやさしいエネルギーを作る~エネルギー化学系の応用化学

再生可能エネルギー   リチウムイオン電池   ペロブスカイト太陽電池   悪臭分解触媒

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 物理工学科 エネルギー応用工学コース
【 主な研究者 】
奥村英之
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
今堀博
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
藤田健一

大阪大学

工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
佐伯昭紀

九州大学

工学部 物質科学工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
久枝良雄
工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
大瀧倫卓

東京大学

教養学部 統合自然科学科 物質基礎科学コース
【 主な研究者 】
村田滋

広島大学

工学部 第三類(応用化学・生物工学・化学工学系) 応用化学プログラム
【 主な研究者 】
駒口健治

北見工業大学

工学部 地球環境工学科 先端材料物質工学コース
【 主な研究者 】
松田剛

信州大学

繊維学部 化学・材料学科 ファイバー材料工学コース
【 主な研究者 】
森正悟

宮崎大学

工学部 環境応用化学科
【 主な研究者 】
白上努

東京理科大学

理学部第一部 化学科
【 主な研究者 】
田所誠

主な研究者

興味がわいたら

田んぼが電池になる! 小学生にもわかるハシモト教授のエネルギー講義

橋本和仁

この本は「小学生にもわかる~」となっているが、高校生にも読んでほしい本だ。第一時限の「エネルギーってなに?」から始まり、目次を見ただけでもワクワクする。太陽に関する話題、光合成の話題、光触媒を用いて光で水を分解する話題など、「グリーン・環境化学」の学問領域と多くのところで関係があり、専門書以外にあまり出版物のないこの分野では、貴重な本だ。ハシモト先生は、光触媒、微生物電気化学、人工光合成の研究の世界的な研究者だ。 (ウェッジ)


トコトンやさしい太陽電池の本

産業技術総合研究所 太陽光発電工学研究センター

太陽電池の歴史、太陽電池の分類(シリコン系、半導体系、有機系)、太陽電池の構成と原理、太陽電池の使い方、太陽電池の未来について、漫画や図表を用いて丁寧にわかりやすく説明している。太陽電池と太陽光発電の現状や課題、そして太陽電池の未来を考えさせてくれる内容となっている。再生可能エネルギーの一つである太陽光発電システムにとって「材料開発」は不可欠で、この点からも理解を深められるだろう。 (日刊工業新聞社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ