複合材料・表界面工学

鉄筋コンクリートから繊維強化プラスチックまで、2つ以上の素材を組み合わせた複合材料を作る。一方、物質や生命体の表面の微細構造を制御、物理、化学の手段で分析し、新規材料を工学的に開発

機能性複合材料   表面・界面の制御   生物模倣工学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 材料科学総合学科 材料システム工学コース
【 主な研究者 】
上田恭介 成島尚之
工学部 材料科学総合学科 知能デバイス材料学コース
【 主な研究者 】
吉見享祐 須藤祐司
工学部 機械知能・航空工学科 エネルギー環境コース
【 主な研究者 】
佐藤義倫

大阪大学

工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
阿部浩也 藤井英俊 節原裕一
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
廣瀬明夫 藤本公三
工学部 応用自然科学科 物理工学科目
【 主な研究者 】
齋藤彰

名古屋大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
田邊靖博

徳島大学

理工学部 理工学科 機械科学コース
【 主な研究者 】
高木均

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
伏見公志

東京工業大学

物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
西方篤

信州大学

工学部 物質化学科
【 主な研究者 】
手嶋勝弥
工学部 水環境・土木工学科
【 主な研究者 】
竹内健司
繊維学部 機械・ロボット学科 機能機械学コース
【 主な研究者 】
夏木俊明

その他の優れた大学

大学詳細

群馬大学

理工学部 環境創生理工学科 環境エネルギーコース

【カーボン材料】 ナノカーボンマテリアルで応用に注力した研究を展開している。

山梨大学

工学部 先端材料理工学科 /クリスタル科学研究センター

【結晶科学】 クリスタル科学研究センターでは、結晶育成に関する幅広い研究を展開している。

公立千歳科学技術大学

理工学部 応用化学生物学科

【生物模倣工学】


海外で学ぶなら

大学詳細

Drexel University/ドレクセル大学(米)

【Nanocarbon】 MXeneをはじめ、新しいナノカーボンマテリアルを研究開発している。

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

【Materials Chemistry】

Princeton University/プリンストン大学(米)

【Materials】 計算科学や材料創成など、幅広い研究開発を展開している。

University of California, Los Angeles/カリフォルニア大学ロサンゼルス校(米)

【Materials Chemistry】

主な研究者

研究者詳細
手嶋勝弥
信州大学
工学部 物質化学科/総合理工学研究科 工学専攻/先鋭材料研究所

【結晶の材料科学】固体の中でも様々な機能を発揮する単結晶を育成する、フラックス法を研究。単結晶は材料研究分野でとても重宝される。なぜなら、環境やエネルギー分野で活用できる新たなデバイスを創りだすにはその物質の特性を正確に把握するために、まず単結晶が必要だからである。

齋藤彰
大阪大学
工学部 応用自然科学科 物理工学科目/工学研究科 物理学系専攻 精密工学コース

【生物模倣工学(バイオミメティクス)】青い金属光沢を放つモルフォチョウの不思議な発色に学び、きわめてエネルギー効率の高い光材料を作る。この金属光沢の秘密は、特殊な翅の表面の非常に小さなナノ構造にある。それを利用すると、バックライトが不用な著しく電力消費の少ないディスプレイや、新たな化粧品、塗装、看板などを作ることができる。

松本祐司
東北大学
工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース/工学研究科 応用化学専攻

【薄膜科学】フラックス(溶剤)を活用した結晶薄膜創成において、独自の技術を開発している。

吉川彰
東北大学
工学部 材料科学総合学科 材料システム工学コース/工学研究科 材料システム工学専攻/金属材料科学研究所

【単結晶育成】基礎から社会実装まで広範囲な研究を展開している。

杉本渉
信州大学
繊維学部 化学・材料学科 ファイバー材料工学コース/総合理工学研究科 繊維学専攻/先鋭材料研究所

【ナノマテリアル、電気化学】ナノ材料の基礎から応用まで幅広い研究を電気化学をベースに展開している。

齋藤永宏
名古屋大学
工学部 マテリアル工学科/工学研究科 化学システム工学専攻/未来社会創造機構

【プラズマ科学】溶液中でプラズマを作るというソリューションプラズマという独自の技術を、世界で初めて実現した。この特異な反応場を利用し、これまでにはできない材料の創成に挑んでいる。

陰山洋
京都大学
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース/工学研究科 物質エネルギー化学専攻/物質-細胞統合システム拠点

【無機化学】ユニークな結晶構造を持つ材料を低温で創成する独自技術を開発している。

下村政嗣
公立千歳科学技術大学
理工学部 応用化学生物学科/光科学研究科 光科学専攻

【生物模倣工学】

金村聖志
東京都立大学
都市環境学部 環境応用化学科/都市環境科学研究科 環境応用化学域

【電池】無機材料を活用した電池研究の第一人者。

興味がわいたら

フラックス結晶成長のはなし

大石修治、宍戸統悦、手嶋勝弥

フラックス法とは、溶液から結晶を育成する方法のひとつ。本書は、フラックス結晶育成の基礎から応用まで、幅広く述べられている。フラックス法で結晶を育成するための入門書として最適である。 (日刊工業新聞社)


グリーンテクノロジー 化学からのアプローチ

藤井恒男:編著

触媒の機能を通じた、自然環境に学ぶモノづくりを紹介している。環境浄化技術や次世代燃料の製造技術などの将来的な展望を語る中で、環境と人間社会の調和について考える。表界面デザイン手法やフラックス結晶育成についても触れている。 (中央経済社)


超最先端×高校生 信大のケンキュウがおもしろすぎる! 第5回環境・エネルギー材料科学研究所編

動画「超最先端×高校生 信大のケンキュウがおもしろすぎる!」の第5回。信州大学先鋭領域融合研究群環境・エネルギー材料科学研究所の取り組みを紹介している。特に、蓄電池部門・フラックス法に注目し紹介されており、フラックス結晶育成を概説している。視覚的にわかりやすく、次世代バッテリー研究開発も取り上げている。 (SBC信越放送 信州大学手嶋勝弥:出演)


理系のためのはじめて学ぶ化学[無機化学]

齋藤勝裕

無機化学を学ぶための前段階を広く学ぶことができる。元素から反応まで、図解やイラストを交えながら丁寧に概説している。各章の章末に例題が記載されており、読み進めた部分の理解度のチェックもできる。 (ナツメ社)


関連する学問

62 有機・複合材料(有機EL、繊維強化プラスチック等)
有機・ハイブリッド材料
66 材料の分析・設計・加工、めっき・腐食防食
分析化学
構造・機能材料
材料加工・組織制御工学

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ