材料加工・組織制御工学

鉄の溶接、鋳造、鍛造という加工法によって結晶組織を制御することで、鉄鋼などを開発。製鉄産業の冶金学に始まり、今や表面微細加工技術まで進展、新たな最先端金属材料を生み出す

精密加工・特殊加工のプロセス   材料表面への薄膜形成、めっき、配線形成   LSI、スマホ素子への応用   炭素原子グラフェン

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 材料科学総合学科 材料システム工学コース
【 主な研究者 】
佐藤裕 成島尚之
工学部 材料科学総合学科 材料環境学コース
【 主な研究者 】
和田山智正
工学部 材料科学総合学科 知能デバイス材料学コース
【 主な研究者 】
武藤泉
工学部 機械知能・航空工学科 機械システムコース
【 主な研究者 】
水谷正義 小川和洋
工学部 機械知能・航空工学科 量子サイエンスコース
【 主な研究者 】
遊佐訓孝 渡辺豊

大阪大学

工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 マテリアル科学コース
【 主な研究者 】
勝山茂 藤本愼司 井藤幹夫 内藤牧男 節原裕一
工学部 応用理工学科 マテリアル生産科学科目 生産科学コース
【 主な研究者 】
佐野智一 才田一幸 福本信次 廣瀬明夫 上西啓介

京都大学

工学部 物理工学科 材料科学コース
【 主な研究者 】
辻伸泰 杉村博之
工学部 物理工学科 宇宙基礎工学コース
【 主な研究者 】
江利口浩二
工学部 物理工学科 エネルギー応用工学コース
【 主な研究者 】
平藤哲司
工学部 地球工学科 資源工学コース
【 主な研究者 】
宅田裕彦 浜孝之

東京大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
寺嶋和夫 神原淳
工学部 機械工学科
【 主な研究者 】
柳本潤
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
小野亮

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用マテリアル工学コース
【 主な研究者 】
菊地竜也 三浦誠司 大野宗一
工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
伏見公志 幅崎浩樹

長岡技術科学大学

工学部 機械創造工学課程
【 主な研究者 】
井原郁夫 鎌土重晴 本間智之 南口誠
工学部 物質材料工学課程
【 主な研究者 】
斉藤秀俊

九州大学

工学部 材料工学科
【 主な研究者 】
中野博昭
工学部 融合基礎工学科 機械電気コース
【 主な研究者 】
堤井君元
工学部 航空宇宙工学科
【 主な研究者 】
津守不二夫

東京工業大学

物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
上田光敏 若井史博 多田英司 木村好里
工学院 機械系
【 主な研究者 】
山崎敬久 大竹尚登
環境・社会理工学院 融合理工学系
【 主な研究者 】
高橋邦夫

豊橋技術科学大学

工学部 機械工学課程 材料・生産加工コース
【 主な研究者 】
安井利明 戸高義一

東京都立大学

システムデザイン学部 機械システム工学科
【 主な研究者 】
楊明

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 マテリアル工学課程
【 主な研究者 】
瀧川順庸
工学域 物質化学系学類 応用化学課程
【 主な研究者 】
井上博史

その他の優れた大学

大学詳細

静岡大学

工学部 電子物質科学科 電子物理デバイスコース

【プラズマの発生と材料への応用】 大学附属の電子工学研究所の教員を含めたグループによる研究。企業との共同研究も多い。

静岡大学

工学部 化学バイオ工学科 環境応用化学コース

【機能性材料創製】 JABEE(日本技術者教育認定機構)に認定された教育プログラムを実施、材料工学分野の基礎をきちんと学ぶことができる。


海外で学ぶなら

大学詳細

Clemson University/クレムソン大学(米)

Department of Chemistry and Laboratory for Emerging Materials and Technology

【Nano material】

活躍する研究者

次世代の太陽電池=色素増感太陽電池を大面積にし、実用化を目指す

奥谷昌之 先生
静岡大学
工学部 電子物質科学科 材料エネルギー化学コース/総合科学技術研究科 工学専攻

現在主流のシリコン系太陽電池に対し、次世代太陽電池として注目されているものに、色素増感太陽電池があります。この太陽電池は、金属酸化物の酸化チタンの表面に色素を塗・・・

本間格 先生
東北大学
工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース/環境科学研究科 先端環境創成学専攻/多元物質科学研究所

【スーパーキャパシタ電極設計】環境に優しいものづくり技術を追求。

荻野明久 先生
静岡大学
工学部 電子物質科学科 電子物理デバイスコース/総合科学技術研究科 工学専攻

【環境保全を目的としたプラズマ応用技術の開発】

興味がわいたら

トコトンやさしいプラズマの本

山崎耕造

プラズマ状態は、うまく制御することで、そのエネルギーを材料加工に利用することができるものだ。この本では、プラズマが自然界でどのように存在しているのか、またこの大きなエネルギーをどのように応用することができるのかが、分かりやすく紹介されている。あまり枝葉末節にこだわることなく、肩肘を張らずに読んでみてほしい。 (日刊工業新聞社)


色素増感太陽電池を作ろう 手作り太陽電池のすべて

若狭信次

有機色素は、草花や食品など身近なものから抽出でき、太陽電池の材料となる自然の素材だ。身の回りのものを利用して作れる、美しい色素増感太陽電池。その作り方が具体的に示されている。高校生の自由研究用にもわかりやすく書かれていてお勧めしたい。 (パワー社)


色素増感太陽電池の最新技術 II

荒川裕則:監

色素増感太陽電池の研究者らが、それぞれの専門の立場から解説する専門書。次世代エネルギーとしてどのように実用化していくかや、国際的な動向を解説している。かなり専門的だが、最近の研究動向を知ることができる。 (シーエムシー出版)


超臨界流体入門

化学工学会超臨界流体部会:編

超臨界流体の教科書。環境に優しい超臨界流体技術について学習し始めるのに適切。超臨界流体とは何かから始まり、基礎知識はもちろんのこと、最近の研究動向やクロマトグラフィー、反応、材料製造、装置などの各分野での実用例などを解説している。 (丸善出版)


関連する学問

66 材料の分析・設計・加工、めっき・腐食防食
分析化学
構造・機能材料
複合材料・表界面工学

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ