電力工学・電力変換・電気機器

電力エネルギーが暮らしに役立つように変換されるまでの流れとしくみを作り、実用的な開発をする~モータ駆動の家電から1000ボルト以上の大電力まで電気機器を作る工学

パワーエレクトロニクス   電気自動車   スマートグリッド   太陽光発電・風力発電など自然エネルギー   電力不足問題

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
津田理 曽根秀昭 斎藤浩海 中村健二

長岡技術科学大学

工学部 電気電子情報工学課程 電気エネルギーシステム・制御工学コース
【 主な研究者 】
宮崎敏昌 伊東淳一 佐々木徹 江偉華 大石潔

豊橋技術科学大学

工学部 電気・電子情報工学課程 機能電気システムコース
【 主な研究者 】
滝川浩史 村上義信 櫻井庸司

東京工業大学

工学院 電気電子系
【 主な研究者 】
千葉明 藤田英明 安岡康一

東京大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
小野亮 熊田亜紀子 日高邦彦 堀洋一 横山明彦

横浜国立大学

理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム
【 主な研究者 】
下野誠通 藤本康孝 辻隆男 河村篤男

九州工業大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
大塚信也 松本聡 渡邊政幸
情報工学部 物理情報工学科 電子物理工学コース
【 主な研究者 】
小田部荘司

長崎大学

工学部 工学科 電気電子工学コース
【 主な研究者 】
石塚洋一 阿部貴志 山下敬彦

京都大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
松尾哲司 白井康之 中村武恒

熊本大学

工学部 情報電気工学科
【 主な研究者 】
小林牧子 池上知顕 王斗艶 佐久川貴志

その他の優れた大学

大学詳細

北見工業大学

工学部 地域未来デザイン工学科 情報デザイン・コミュニケーション工学コース

【電磁波関連技術】 電磁界を中心とした計算技術について強い特色がある。

北海道大学

工学部 情報エレクトロニクス学科 電気制御システムコース

【パワーエレクトロニクス】

千葉大学

工学部 総合工学科 電気電子工学コース

【パワーエレクトロニクス】

三重大学

工学部 総合工学科 電気電子工学コース

【メカトロニクス等】 非線形性の強いメカトロニクス機器を制御工学の観点からより高性能に制御する技術を持つ。

島根大学

総合理工学部 機械・電気電子工学科

【パワーエレクトロニクス】

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 応用化学課程

【無機化学、固体イオニクス、全固体電池】 新しい機能性無機材料の設計、合成、特性、構造、応用について研究を行っている世界的に著名な研究グループがある。特に、固体電解質材料(リチウム、ナトリウム、水酸化物イオン伝導体)の開発、イオニクス固体界面の構築、全固体リチウム電池をはじめとする全固体エネルギーデバイスの開発についての研究が行われている。

青山学院大学

理工学部 電気電子工学科

【電磁環境工学】 身の回りの電磁環境を改善するための研究を多角的に実施しており、学生の研究発表も活発。

慶應義塾大学

理工学部 システムデザイン工学科

【ハプティクス(触覚技術)等】 双方向の力―位置伝達制御(バイラテラル制御)の基礎技術を開発した。

日本大学

理工学部 電気工学科

【磁気記録,電磁界解析】 電磁界を中心とした複合的な計算技術、さらには実測との比較により、先進的な開発を行っている。

法政大学

理工学部 電気電子工学科

【光・電磁界技術】 解析技術の高性能化に関する研究、無線・光技術などで先進的な研究をしている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Wisconsin–Madison/ウィスコンシン大学マディソン校(米)

Wisconsin Electric Machines and Power Electronics Consotium

【Electric Machines、Power Electronics】

Swiss Federal Institute of Technology in Lausanne/スイス連邦工科大学ローザンヌ校(スイス)

Dept. of Electrical Engineering

【Power Electronics】

Swiss Federal Institute of Technology in Zurich/スイス連邦工科大学チューリッヒ校(スイス)

Dept. of Information Technology and Electrical Engineering

【Power Electronics】

主な研究者

研究者詳細

たった1%の省エネでも世界規模なら莫大な効果~電力変換器の小型軽量化

伊東淳一
長岡技術科学大学
工学部 電気電子情報工学課程 電気エネルギーシステム・制御工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻、技術科学イノベーション専攻

パソコン本体と壁のコンセントの間は、ACアダプターというものでつながっています。送電されてくる電圧は交流で、パソコンは直流で動くため、交流から直流に変換しなければ・・・

リチウムイオン電池の発火事故を防ぐ、安全性の高い材料開発

稲田亮史
豊橋技術科学大学
工学研究科 電気・電子情報工学専攻

スマートフォンやノートパソコンを使用中に発火する事故が起きています。原因は電源として使われているリチウムイオン電池です。リチウムイオン電池は、コンパクトで一度充・・・

宮崎敏昌
長岡技術科学大学
工学部 電気電子情報工学課程 電気エネルギーシステム・制御工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻

【メカトロニクス】機械要素(メカニクス)と電気要素(エレクトロニクス)が融合したメカトロニクス技術を用い、ヒトの二関節筋を再現したロボットアームを開発。

辻俊明
埼玉大学
工学部 電気電子物理工学科/理工学研究科 数理電子情報系専攻

【力制御】電力制御とそのメカトロシステムへの応用について貴重な研究実績を持つ。

名取賢二
千葉大学
工学部 総合工学科 電気電子工学コース/融合理工学府 基幹工学専攻

【バイラテラルコントロール】パワーエレクトロニクス研究で、電力用半導体スイッチング素子を利用した、次世代電力変換器に関する研究をする。電力変換の制御に関わるむだ時間を保証する技術も取り込んで、さらなる高効率、高機能の総合的な制御システム設計を目指している。

藤本博志
東京大学
工学部 電気電子工学科/工学系研究科 電気系工学専攻

【モーションコントロール】若手のうちから、精力的な研究活動を行っており、微細な対象から大型機まで、幅広い電力変換の制御技術を持つ。

藤田英明
東京工業大学
工学院 電気電子系

【パワーエレクトロニクス、電気機器学】

下野誠通
横浜国立大学
理工学部 数物・電子情報系学科 電子情報システム教育プログラム/理工学府 数物・電子情報系理工学専攻

【メカトロニクス】手術支援システムや身体的支援ロボットなど、触覚情報のリアルタイム伝送をするモーションコントロール技術の幅広い研究を行う。皮膚感覚フィードバックを得るテクノロジーのハプティクス技術をベースに、力制御側に力点をおいたメカトロニクス機器について貴重な実績を持つ。

三浦友史
長岡技術科学大学
工学部 電気電子情報工学課程 電気エネルギーシステム・制御工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻

【パワーエレクトロニクス、超電導電力応用、核融合装置用電源】

入山恭寿
名古屋大学
工学部 マテリアル工学科/工学研究科 材料デザイン工学専攻

【無機化学】酸化物系の全固体電池分野の研究者として世界的に著名。

山本真義
名古屋大学
工学部 電気電子情報工学科/工学研究科 電気工学専攻

【パワーエレクトロニクス】

平木英治
岡山大学
工学部 電気通信系学科/自然科学研究科 電子情報システム工学専攻

【パワーエレクトロニクス】

田中俊彦
山口大学
工学部 電気電子工学科/創成科学研究科 電気電子情報系専攻

【パワーエレクトロニクス、電気エネルギー工学】

林晃敏
大阪府立大学
工学域 物質化学系学類 応用化学課程/工学研究科 物質・化学系専攻

【無機化学】スマホの発火事故を起こしやすいリチウムイオン電池に対して、電解液を使わない全固体のリチウム二次電池の開発を進める

西田保幸
千葉工業大学
工学部 電気電子工学科/工学研究科 電気電子情報工学専攻

【電力工学・電力変換・電気機器】

桂誠一郎
慶應義塾大学
理工学部 システムデザイン工学科/理工学研究科 総合デザイン工学専攻

【ハプティクス】ユーザーに皮膚感覚情報を伝えるハプティクスという技術を使って、人間を直接支援するための複雑化されたシステムやロボット応用に多くの研究成果を持つ。工学システムの高度化・高機能化を目指し、時間と空間の双方を考慮したシステムデザインの研究を行っている。

赤津観
芝浦工業大学
工学部 電気工学科/理工学研究科 電気電子情報工学専攻

【パワーエレクトロニクス、制御工学】

近藤圭一郎
早稲田大学
先進理工学部 電気・情報生命工学科/先進理工学研究科 電気・情報生命専攻

【電動機制御、パワーエレクトロニクス、蓄電装置応用、電気鉄道・自動車応用】

黒川不二雄
長崎総合科学大学
新技術創成研究所

【パワーエレクトロニクス、デジタル信号処理】

小笠原悟司
北海道大学
工学部 情報エレクトロニクス学科 電気制御システムコース/情報科学院 情報科学専攻

【半導体電力変換、電動機制御】

佐藤之彦
千葉大学
工学部 総合工学科 電気電子工学コース/融合理工学府 基幹工学専攻

【パワーエレクトロニクス、電気機器学】

大石潔
長岡技術科学大学
工学部 電気電子情報工学課程 電気エネルギーシステム・制御工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻、技術科学イノベーション専攻

【モーションコントロール】モーションコントロールとパワーエレクトロニクスに対する多くの知見を持つ。

雨宮尚之
京都大学
工学部 電気電子工学科/工学研究科 電気工学専攻

【超電導工学】超電導応用機器分野の研究者として世界的に著名である。

下山淳一
青山学院大学
理工学部 物理・数理学科/理工学研究科 理工学専攻

【無機化学、超電導材料化学】無機材料、超電導材料科学分野の研究者として世界的に著名。

興味がわいたら

絵ときでわかるパワーエレクトロニクス

粉川昌巳

「電力工学・電力変換・電気機器」の学問分野の中のパワーエレクトロニクスに特化し、パワーエレクトロニクスとは何か、どのようなところで使用され、この技術を応用することで何ができるようになるか、図を用い丁寧に解説している。パワーエレクトロニクスに興味を持った初学者が読むのに適している。 (オーム社)


マンガde電力応用

高橋達央

電気を電力源として駆動する家電や機械などに私たちの生活は支えられている。そんな電力応用について、照明、電熱、自動制御、電気化学、電気鉄道の分野から解説する。筆者は電気工学出身の漫画家。 (電気書院)


リチウムイオン電池物語

吉野彰:監修

電気エネルギーの効率利用・貯蔵技術として、二次電池・燃料電池に代表される電気化学エネルギーデバイスは近年非常に活発化している研究分野だ。その1つ、リチウムイオン電池の発明者である吉野彰先生が語る、研究開発から実用化に至るまでの苦難などのエピソードが、大変わかりやすく書かれている。リチウムイオン電池の重要性・将来性がわかる。 (CMC出版)


トコトンやさしい超伝導の本

下山淳一

「超伝導は100年以上前に発見された特異な物理現象であり、材料化後も約50年の歴史を持つも、未だに未来材料として期待され、また毎年、続々と新しい超伝導体が発見されています。今なお謎が多い(=夢が多い)研究課題です。」と語る、青山学院大学で超電導を研究する下山淳一先生の著書。超電導が生じるメカニズムや、超電導材料の種類、実際に世の中に応用する場合に期待されるメリットなどがイラストなどを用いながらわかりやすく解説されている。 (日刊工業新聞社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ