政治学・国際関係

民主主義って本当に最良のルールなのか、世界をまわって考えた

朝日新聞「カオスの深淵」取材班

わかっているようで実はよくわからない、そんな民主主義について考えるきっかけとなる本です。この本の良いところは、「答えを示すのがねらい」ではなく、「問いを立てる」章立てとなっている点です。「選挙で選んだんだから、その人の判断に従うことが当たり前だ」、「多数決で決めたんだから従え」、そんな民主主義の「常識」を疑うところから議論は始まります。それを考えるための世界中の事例が豊富に盛り込まれています。考える「出発点」!お試しください。 (東洋経済新報社)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ