政治学・国際関係

一九八四年

ジョージ・オーウェル

1949年に刊行された、1984年という近未来を舞台に全体主義国家の悪夢を描いたSFの古典的傑作。主人公たちが住む国は、思想や言語の統制、歴史改竄が行われ、さらに生活の全てが監視される超監視社会である。読者は統制の怖さを知り、監視社会ぶりが現代と不気味に似ていることに驚くことだろう。 (高橋和久:訳/ハヤカワepi文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ