政治学・国際関係

西部戦線異状なし

レマルク

実際に第一次世界大戦に出兵したドイツ人作家、レマルクが記した反戦小説です。戦争の無意味さ、悲惨さ、不条理さがとてもリアルに描かれていて、同タイトルの映画(米1930年)もあわせて観ることをおすすめします。 (訳:秦豊吉/新潮文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ