物理/素粒子、宇宙

宇宙に終わりはあるのか? 素粒子が解き明かす宇宙の歴史

村山斉

宇宙は始まりの頃はとても温度が高く、そこでは分子や原子もバラバラに壊れて、素粒子に分かれて光速に近い速度で飛び交っている。だから素粒子の世界の物理法則を知らないと宇宙の始まりの様子はわからない。逆に素粒子の物理法則を使って宇宙の始まりの様子を明らかにできる。そして宇宙の発展方程式を解くと、現在及び将来の宇宙像もわかってくる。根本原理にさかのぼって、我々の宇宙の謎をどのように紐解いていくのか、最先端の科学者が追究する世界を描いている。 (ナノオプトニクス・エナジー出版局)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ