物理/素粒子、宇宙

アレクサンドリア

4世紀のエジプトを舞台に、ローマ帝国末期の混乱に翻弄された女性天文学者、ヒュパティアの人生を脚色も交えて描いた映画。天動説から地動説への転換がどのように困難であったかや、宗教と学問の関係、古代において女性が学問をすることの困難などについて考えさせられる。 (アレハンドロ・アメナーバル:監督)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ