経済政策

貿易、為替レートなどの国際経済から、産業、労働、環境に関わる経済問題まで、経済理論を応用して現実の経済を分析し有効な政策を作り出す

貿易政策   為替レート   リーマンショック   アベノミクス

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

一橋大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
石川城太 奥田英信 齊藤誠 佐藤宏 岡田羊祐
社会学部 社会学科
【 主な研究者 】
児玉谷史朗 猪飼周平

大阪大学

法学部 国際公共政策学科
【 主な研究者 】
瀧井克也 赤井伸郎 山内直人 利博友
経済学部 経済・経営学科
【 主な研究者 】
阿部顕三

神戸大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
柳川隆 萩原泰治 中村健太 鈴木純
海事科学部 グローバル輸送科学科 ロジスティクスコース
【 主な研究者 】
水谷淳 松本秀暢

東京大学

経済学部
【 主な研究者 】
澤田康幸 岡崎哲二 田渕隆俊 青木浩介
工学部 都市工学科 都市計画コース
【 主な研究者 】
浅見泰司
工学部 システム創成学科 知能社会システムコース
【 主な研究者 】
元橋一之
農学部 環境資源科学課程 農業・資源経済学専修
【 主な研究者 】
櫻井武司

京都大学

経済学部 経済経営学科
【 主な研究者 】
依田高典 文世一 佐々木啓明 劉徳強 菊谷達弥

東北大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
黒瀬一弘 日置史郎 泉田成美 若林緑
工学部 建築・社会環境工学科 都市システム計画コース
【 主な研究者 】
河野達仁

早稲田大学

政治経済学部 経済学分野
【 主な研究者 】
内藤巧 戸堂康之 上田晃三
商学部
【 主な研究者 】
横田一彦

政策研究大学院大学 

慶應義塾大学

経済学部 経済学科
【 主な研究者 】
中嶋亮 河端瑞貴 大久保敏弘 赤林英夫 木村福成
商学部 商学科
【 主な研究者 】
寺西勇生 田邉勝巳

その他の優れた大学

大学詳細

上智大学

経済学部 経済学科

【マクロ経済、国際経済】 少人数教育で、学生が授業に参加しやすい。

主な研究者

研究者詳細

沼田大輔

福島大学
人文社会学群(昼間) 経済経営学類 経済分析専攻/経済学研究科 経済学専攻
【循環型社会論】 製品の価格に加えて余分に支払い、使用済み製品を返却時に返金される「デポジット制度」のしくみを研究。使用済み製品の適切な回収を推し進める。

石川城太

一橋大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 総合経済学専攻
【国際経済学、国際貿易論】 非関税障壁の貿易政策や、地域経済統合が経済にどのような影響を及ぼすのかを分析。また、貿易や貿易政策が環境にどのような影響を及ぼすのか、地球温暖化問題のような環境政策が、貿易にどのような影響を及ぼすのかを研究する。

小巻泰之

大阪経済大学
経済学部 経済学科
【マクロ経済学の実証分析】 経済政策は計画(Plan)、実行(Do)され、うまくいったかどうか評価(See)されるべき。現在と将来の状況を正しく予測するために過去の状況を正確に評価する研究を行う。

笹尾俊明

岩手大学
人文社会科学部 地域政策課程/総合科学研究科 地域創生専攻
【廃棄物経済学】 産業廃棄物、不法投棄、廃棄物処分場の立地など、岩手県で問題になっていることを、経済学的に緻密に分析している。

Michal Fabinger

東京大学
経済学部/経済学研究科 経済専攻
【国際経済学】 優秀な外国人若手研究者として注目されている。物理学と経済学の博士号を持つ秀才。

杉田洋一

一橋大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 総合経済学専攻
【国際経済学】 優秀な若手研究者として注目されている。ストックホルム商科大学で教鞭をとった経験もある。

大久保敏弘

慶應義塾大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻
【国際経済学】 中堅の研究者としてもっとも研究業績を挙げている。

竹田陽介

上智大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻
【金融政策】 現在の量的緩和政策を時流に流されずに、分析、評価している。

碓井健寛

創価大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻
【廃棄物経済学】 ごみの有料化について、計量経済学で高度な手法も駆使しつつ、緻密に分析している。

古沢泰治

東京大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済専攻
【国際経済学】 国際貿易理論を中心に数多くの業績を挙げている。

阿部顕三

大阪大学
経済学部 経済・経営学科/経済学研究科 経済学専攻
【国際経済学】 国際貿易理論で数多くの業績を挙げている。日本国際経済学会元会長。

木村福成

慶應義塾大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻
【国際経済学】 国際貿易の実証分析で数多くの業績を挙げている。日本国際経済学会元会長。

吉川洋

立正大学
経済学部 経済学科/経済学研究科 経済学専攻
【マクロ経済、日本経済】 研究への真摯な取り組みなどなど、教えられる点は数多い。デフレ経済について的確な分析を行う。

興味がわいたら

戦略的思考とは何か エール大学式「ゲーム理論」の発想法

A・ディキシット、B・ネイルバフ

経済学でよく用いられるゲーム論的思考について、ビジネス、スポーツ、国際政治などの分野から実例を数多く挙げながら、視覚的にわかりやすく解説している。初版発行から30年近く経った今も色あせない面白さ。 (菅野隆、嶋津祐一:訳/CCCメディアハウス)


アリとキリギリスの日本経済入門

土居丈朗

舞台は「昆虫村」。会社でコツコツと働くアリ、土地に手を出して失敗するキリギリス等が登場し、バブルの形成と崩壊、ムダな公共投資や財政危機などをわかりやすく描いた良書。 (ちくま文庫)


父が息子に語るマクロ経済学

斎藤誠

大学で学ぶことの大切さや意味を伝え、歴史の中で現代の経済社会を見つめる癖をつけてほしいと願いつつ、マクロ経済学の基礎について解説。全10講義でしっかり学べる。 (勁草書房)


ルポ にっぽんのごみ

杉本裕明

日本のごみ問題の動向がわかる。最近では、中古品が海外輸出されていたり、既存の様々なリサイクル法について改訂の議論が行われていたり、リサイクルよりも環境に優しいと言われたりしているリユースをどう進めるかが議論されていたりしている。これらの現状を把握し、今後、ごみ問題とどう向き合っていくべきか示唆を与えてくれる。 (岩波新書)