経済学説・経済思想

経済という現象について、これまでの歴史の中で生み出されてきた様々な経済学説・思想を読み直し、その背後にある人間や社会について考え現代の経済学に生かす

最大多数の最大幸福   功利主義思想   アダム・スミスの国富論   ケインズ

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

SDGs
持続可能な社会の実現に向けて
ノーベル賞研究者が提唱した「新国富論」でSDGs達成指標を創出

馬奈木俊介 先生
九州大学 工学部 土木工学科/工学府 土木工学専攻

記事を読もう

貨幣
暗号通貨や電子マネーも登場。お金の正体に迫る

結城剛志 先生
埼玉大学 経済学部 経済学科/人文社会科学研究科 経済経営専攻

記事を読もう

歴史をさかのぼり、経済の常識を問い直す~英国哲学の巨人ヒュームの思想史研究

森直人 先生
高知大学 人文社会科学部 人文社会科学科 国際社会コース/総合人間自然科学研究科 人文社会科学専攻

記事を読もう

社会経済思想
19世紀フランスの田園都市運動が、日本の住宅建設にも影響

栗田啓子 先生
東京女子大学 

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

University College London/ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(英)

法学部

【政治思想】 ベンサム研究の中心地、指導が丁寧。

University of Edinburgh/エジンバラ大学(英)

人文社会科学部

【18世紀スコットランド史】 アダム・スミスの『国富論』が生まれた時代背景を知ることができる。

University of St Andrews/セント・アンドルーズ大学(英)

Institute of Intellectual History

【Intellectual History】 スコットランドの主要センター。

University of Sussex/サセックス大学(英)

Centre for Intellectual History

【Intellectual History】 イングランドにおける知性史研究の主要なセンターの1つ。

Università di Pisa/ピサ大学(伊)

経済科学部

【経済学説史】 イギリスやフランではないことで逆にヨーロッパ全体を眺めることができる。

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ