食・農学系

植物はなぜ薬を作るのか

斉藤和季

ケシを原料とするのは鎮痛薬モルヒネ、解熱鎮痛薬アスピリンはヤナギの成分から生まれた。ほとんどの植物に含まれるポリフェノールは、心臓病や脳梗塞などの万能薬として働く。この本は、植物自身のために分泌する二次代謝産物から、なぜ特に人にとって有用な成分が作られているのか、具体例を挙げて解説している。理学や薬学を目指す学生にとってはもちろん役に立つ。 (文春新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ