生物・バイオ系

恋するオスが進化する

宮竹貴久

著者は、進化生物学者。主に昆虫を材料とした行動生態学・進化生物学を研究している。動物行動学でも特に面白いのはオスメスの間に見られるものであるが、高校生物ではあまり扱われない。この本はその面白さを凝縮して伝えている。 (いずもり・よう:イラスト/メディアファクトリー新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ