共生細菌の世界 したたかで巧みな宿主操作

成田聡子

東海大学出版会は、若手研究者を著者とする「フィールドの生物学」シリーズを出している。この本は第五弾で、研究対象としてチョウとその細胞内の共生菌に焦点を当てている。内容も面白いが、著者が研究者になってゆく過程を如実に伝えており、大学、大学院に進んで研究を行うとはどういうことかよく伝わる。 (東海大学出版会)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ