種の起源

チャールズ・ダーウィン

ダーウィンが「生物の性質は個体間に違いがあり、そのうち環境に適応したものだけが生き残るという自然選択によって進化した」という自然選択説について著した本。一般向けに書かれているので、高校生も読むことができる。進化の研究は生物学の様々な分野の根底となっているので、生物学に興味がある全ての人に読んでほしい。 (渡辺政隆:訳/光文社古典新訳文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ