諸子百家 儒家・墨家・道家・法家・兵家

湯浅邦弘

人が道徳的に良くなれば社会が良くなるのか。人は簡単に改心できるものではないから厳しい法によって秩序を作るべきなのかなどが論じられている。現代世界においてもなお重要な論点が、古代中国ですでに議論しつくされていたことに驚いてほしい。 (中公新書)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ