哲学・思想

神道入門 日本人にとって神とは何か

井上順孝

初詣で神社に行く人は多い。でも、神道を説明できる人はどれほどいるだろう。本書は、神道を、「見える神道」「見えない神道」の二側面からとらえた画期的な入門書。日本文化を知る上では神道の理解が非常に重要だ。本書を読めば、神道が歴史的にどのように展開してきたかがわかるし、神道と社会とのつながりもわかる。 (平凡社新書)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ