応用物性

おもに電気電子材料の物質としての性質を調べ、LED照明など生活を豊かにする新しい材料、製品を開発する~電気電子工学系の物質の性質研究

発光ダイオード   誘電体   スピントロニクス   リニアモーター   青色ダイオード

のぞいてみよう!この学問

こんな研究をして世界を変えよう

発電可能なポリマー
振動が電源になる。発電シートや発電繊維で社会を変える

中嶋宇史 先生
東京理科大学 理学部第一部 応用物理学科(理学研究科 応用物理学専攻)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 材料科学総合学科 知能デバイス材料学コース
【 主な研究者 】
手束展規 新田淳作
工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
松倉文礼

東京大学

工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
中村泰信 貴田徳明

大阪大学

工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電子工学コース
【 主な研究者 】
藤井彰彦

京都大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
白石誠司

九州大学

理学部 物理学科 物理学コース
【 主な研究者 】
木村崇 和田裕文
工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース
【 主な研究者 】
寺西亮

名古屋大学

工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
竹中康司

北海道大学

工学部 情報エレクトロニクス学科 電気電子工学コース
【 主な研究者 】
植村哲也

その他の優れた大学

大学詳細

秋田大学

理工学部 数理・電気電子情報学科 電気電子工学コース

新規な分子配向技術を応用した光セキュリティデバイスの開発、電圧を加えると焦点距離が変えられる液晶レンズ。

千葉大学

工学部 総合工学科 物質科学コース

【物質科学コース】 山本和貫先生は、走査型顕微鏡でナノスケールのスピンの世界を観察するための研究を行っている。

静岡大学

工学部 電子物質科学科

【電子・光・エネルギーデバイス、材料科学】 物理をベースとする電子物理、化学をベースとする材料化学の異分野を融合。優れた研究者が多く在籍している。

島根大学

総合理工学部 物理・マテリアル工学科

【物理、マテリアル、デバイス】 物理とマテリアルに関して基礎科学から応用まで学ぶことができる。地域企業の課題を解決するプロジェクト型の実践的な授業があり、課題解決能力、コミュニケーション能力、交渉力、協調性などの能力を身に付けられる。

東京都立大学

システムデザイン学部 電子情報システム工学科

【低温材料物性】 新規材料の低温物性の先端的な解明を行っており、学生の研究能力アップのため熱心に指導している。

慶應義塾大学

理工学部 物理情報工学科

【半導体同位工学 】 伊藤公平研究室では、半導体を操り、量子コンピュータなどの未来技術に関する革新的研究を行っている。

北陸先端科学技術大学院大学

先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 応用物理学領域

【スピントランジスタ】 スピントランジスタなどの低温測定方法を開発。まったく新しい半導体デバイスの基礎となる新構造作製に成功した。


海外で学ぶなら

大学詳細

Case Western Reserve University/ケース・ウェスタン・リザーブ大学(米)

物理学科

【液晶】 Surface chiralityなど界面を利用した新規光学デバイスの開発などに取り組む。

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

物理学科

【物性物理学、材料科学】 昔も今も物性物理学の著名な研究者が集まっている。

University of California, Santa Barbara/カリフォルニア大学サンタバーバラ校(米)

物理学科

【物性物理学、材料科学】 物性物理学の著名な研究者が多い。スピントロニクス分野の研究が盛ん。

上海交通大学(中)

物理学科

【超伝導体の結晶成長】 独自の手法で高品質の超伝導結晶作製を行っている。博士課程の学生も多くおり、指導にも熱心に取り組んでいる。

活躍する研究者

木村宗弘 先生
長岡技術科学大学
工学部 電気電子情報工学課程 電子デバイス・フォトニクス工学コース/工学研究科 電気電子情報工学専攻

【液晶工学】プラスチック基板を用いたフレキシブル液晶ディスプレイを研究。落としても割れず、折り曲げられるディスプレイを可能にする。

喜多隆介 先生
静岡大学
工学部 電気電子工学科 エネルギー・電子制御コース/総合科学技術研究科 工学専攻

【超伝導材料工学】高い電流輸送特性を持つ酸化物高温超伝導体薄膜を研究。実現すれば、電力エネルギーを超低損失で送ることができるため、電力輸送で失っている1年間分の電力を節約した究極の省エネにつながる。

古門聡士 先生
静岡大学
工学部 電子物質科学科 電子物理デバイスコース/総合科学技術研究科 工学専攻

【物性理論、物性物理学、応用物理 】スピンの磁石の性質を発展させたスピントロニクスの研究。磁性粒子を内に含んだカーボンナノチューブを開発した。メモリの大容量化につながる優れた磁性メモリとして期待される。その延長で、ナノスケールの“超微小工場”で作業する分子マシンを作ることに挑む。

佐久間昭正 先生
東北大学
工学部 電気情報物理工学科/工学研究科 応用物理学専攻

【物性理論、スピントロニクス】第一原理計算という電子のふるまいから様々な物質の性質を調べるコンピュータを使った計算法を使い、磁性材料の研究。

角田匡清 先生
東北大学
工学部 電気情報物理工学科/工学研究科 電子工学専攻

【物性実験、スピントロニクス】磁性材料(特に窒化鉄)の作製およびそれを用いたデバイスの開発。

白井正文 先生
東北大学
工学部 電気情報物理工学科/工学研究科 電子工学専攻/電気通信研究所

【物性理論、スピントロニクス】第一原理計算によるスピントロニクスデバイスの設計。

高梨弘毅 先生
東北大学
工学研究科 知能デバイス材料学専攻/金属材料研究所

【物性実験、スピントロニクス】磁性材料、スピントロニクス材料の研究。

染谷隆夫 先生
東京大学
工学部 電気電子工学科/工学系研究科 電気系工学専攻

【有機トランジスタ】貼るだけで人の肌がディスプレイになる、超柔軟で極薄の有機ELの開発を進め、血中酸素濃度や脈拍数の計測に成功した。そのほかにも様々な生体調和エレクトロニクスの技術、そのプロセス基盤技術の開発を行う。

関谷毅 先生
大阪大学
工学部 応用自然科学科 応用物理学科目/産業科学研究所

【フレキシブルエレクトロニクス、フォトニクス】印刷するだけで作ることのできる有機エレクトロニクスの作製プロセスや、自己組織化現象を応用し、有機デバイスのコンピュータ回路設計、集積化技術の開発に取り組む。

鈴木義茂 先生
大阪大学
基礎工学部 電子物理科学科 物性物理科学コース/基礎工学研究科 物質創成専攻

【物性実験、スピントロニクス】ナノスピントロニクス研究の第一人者。

寺西亮 先生
九州大学
工学部 物質科学工学科 材料科学工学コース/工学府 材料物性工学専攻

【超伝導薄膜材料】最先端薄膜材料の作製力と材料解析力に優れている。

堀出朋哉 先生
九州工業大学
工学部 マテリアル工学科/工学府 工学専攻

【超伝導薄膜材料】最先端薄膜材料の作製力と物性の解明力に優れる。

赤堀誠志 先生
北陸先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 応用物理学領域

【スピントランジスタ】電子の持つスピンと電子の両方の制御によって、これまでの半導体に代わるスピントランジスタの実現に向けて取り組んでいる。

桜庭裕弥 先生
物質・材料研究機構

【物性実験、スピントロニクス】スピントロニクス分野で磁性材料を研究。特に多くの応用が期待されているハーフメタル強磁性体の作製と、それを用いたデバイスの開発を進める。

宝野和博 先生
物質・材料研究機構

【物性実験、スピントロニクス】磁性材料、スピントロニクス材料の研究。

松本要 先生
九州工業大学
工学部 マテリアル工学科/工学府 工学専攻

【超伝導薄膜材料】超伝導を含む革新的機能・特性を持ったエネルギー、環境ナノ材料の創製において、ユニークな着目点で優れたトップデータを挙げている。

学問をもっと深く知るために

[量子情報、物性物理学]
個々の原子が計算する究極のコンピュータ実現のための最先端研究

伊藤公平 先生
慶応義塾大学 理工学部 物理情報工学科

[電子材料物性、電子デバイス、スピントロニクス]
エレクトロニクスやITの世界にフロンティアを切り拓く「スピントロニクス」

田中雅明 先生
東京大学 工学部 電気電子工学科

興味がわいたら

トコトンやさしい超伝導の本

下山淳一

超伝導とは何か、わかりやすく説明された入門書。どうして超伝導になるのかなどの物理としての基礎的な話から、高温超伝導材料を使って電力ケーブルを作るにはどうするか、コンピューターへ応用など、工学応用に関する話題まで、最新の研究にも関連する応用が紹介されている。新しい材料の発見とその物性の解明は、これまでにない新しい科学技術を発展させることに大きく貢献することがわかる。 (日刊工業新聞社)


人に話したくなる物理 身近な10話

江馬一弘

冷蔵庫、電子レンジ、台風の雲の流れ、コマの運動、走っている自転車など身近にある様々な機器や物理現象を対話形式で解説。光物性研究の第一人者が執筆し、文系の大学生向けの一般教養科目の内容をまとめた本。図も多く大変わかりやすい。高校物理ではあまり触れられていない内容が多いが、応用物理学の考え方を学ぶのに良い。 (17025研究会:編/丸善出版)


金属材料の最前線 近未来を拓くキー・テクノロジー

東北大学金属材料研究所:編著

世界をリードする東北大学材金属料研究所のスタッフが執筆。材料学の基礎から始まり、巨大構造物、太陽電池、燃料電池、スピントロニクス、空気清浄機、有機ELテレビなどで使われている材料の物性について詳しく説明されている。 (ブルーバックス)


すごい! 磁石

宝野和博、本丸諒

磁性材料研究の第一人者・宝野和博先生がサイエンスライターとともに執筆。磁石の歴史、基本、作り方、利用に加えて、エアコン、ハードディスク、ハイブリッド車などの永久磁石として世界最強と言われるネオジム磁石づくり、実験室見学まで磁石に関することが対話形式で簡潔に記されている。 (日本実業出版社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ