物性II

マイナス(-)どうしの電子間に強い電気的な反発力が働く物質たちの物理的性質を明らかにする~世界で誰も実現していない室温超伝導に挑む物理学の新領域!

強相関電子系   超巨大磁気抵抗   クーロン力   磁気共鳴

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
鹿野田一司 永長直人 求幸年 石坂香子 芝内孝禎
理学部 物理学科
【 主な研究者 】
岡本徹 高木英典 小形正男 福山寛
教養学部 統合自然科学科 物質基礎科学コース
【 主な研究者 】
前田京剛 加藤雄介 齋藤晴雄

東北大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
石原純夫 柴田尚和 佐藤宇史 下谷秀和 松井広志
工学部 電気情報物理工学科
【 主な研究者 】
加藤雅恒 木村尚次郎
工学部 機械知能・航空工学科 量子サイエンスコース
【 主な研究者 】
青木大

大阪大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
黒木和彦 川村光 田島節子 花咲徳亮 宮坂茂樹
基礎工学部 電子物理科学科 物性物理科学コース
【 主な研究者 】
椋田秀和 草部浩一 関山明 木須孝幸

京都大学

理学部 理学科 物理科学系
【 主な研究者 】
前野悦輝 川上則雄 池田隆介 松田祐司 石田憲二
工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
浅野卓 掛谷一弘
工学部 物理工学科 材料科学コース
【 主な研究者 】
田畑吉計
総合人間学部 総合人間学科 自然科学系
【 主な研究者 】
森成隆夫 藤原直樹

名古屋大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
寺崎一郎 伊藤正行 佐藤憲昭 紺谷浩 小林晃人
工学部 物理工学科
【 主な研究者 】
澤博 伊東裕 田仲由喜夫 岡本佳比古

広島大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
鈴木孝至 高畠敏郎 梅尾和則 松村武 鬼丸孝博
工学部 第二類(電気電子・システム情報系) 電子システムプログラム
【 主な研究者 】
高根美武
総合科学部 総合科学科 自然探究領域
【 主な研究者 】
浴野稔一

東京工業大学

理学院 物理学系
【 主な研究者 】
西田祐介 大熊哲 古賀昌久 田中秀数
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
笹川崇男 東正樹

その他の優れた大学

大学詳細

岡山大学

理学部 物理学科

【物性物理学】 物性物理学の研究室が非常に多く、かつ精力的に研究を推進している。

早稲田大学

先進理工学部 物理学科

【凝縮系物理】 物性物理学の中でも、強相関電子系を含む凝縮系物理の多彩な研究テーマを研究する研究室がある。

主な研究者

研究者詳細
渡辺忠孝
日本大学
理工学部 物理学科/理工学研究科 物理学専攻

【強相関電子系、エキゾチック超伝導体】ある種の物質で、負の電荷を持つ電子間で非常に強いクーロン反発をする物質群が存在する。それを「強相関電子系」という。その系の中で「エキゾチック超伝導体」の研究。この超電導は世界でまだ誰にも発見されていない室温超伝導を実現する可能性を秘めている。

高木英典
東京大学
理学部 物理学科/理学系研究科 物理学専攻

【強相関電子系の物性】原子の周りを回る負の電荷を持った電子同士が最も激しく反発しあう「強相関電子系」を研究する。高温超伝導現象も強相関電子が示す多彩な顔の一つであり、超電導機構の解明と開拓に挑んでいる。

芝内孝禎
東京大学
工学部 物理工学科/新領域創成科学研究科 物質系専攻

【強相関電子系の超伝導】これまでにないタイプの超伝導や新奇な相転移現象など、物質中の電子が示す強い相互作用と量子効果により現れる新しい量子凝縮相の物理学的な研究を行っている。

松田祐司
京都大学
理学部 理学科 物理科学系/理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻

【強相関電子系の超伝導】お互いに強く相互作用する電子やスピンを対象に、高温超伝導、新奇超伝導状態、量子臨界現象、量子スピン系等に興味を持って研究を行っている。

野原実
岡山大学
理学部 物理学科/自然科学研究科 数理物理科学専攻/異分野基礎科学研究所

【強相関電子系の超伝導】新超伝導物質の探索を精力的に行っている。

勝藤拓郎
早稲田大学
先進理工学部 物理学科/先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻

【強相関電子系の物性】多種多様な物質探索を行っており、幅広い物性を研究している。

興味がわいたら

近代科学を築いた人々

長田好弘

全三冊を通じて、力学、 熱力学、 統計力学、 電磁気学から電子、 原子・分子といったミクロな世界の法則に繋がる物理学の発展の歴史を、それぞれの時代の思想的背景と関連させて忠実に解説している。〈上〉では「科学への夢/原子/電子/力学」と題して原子、電子の発見と力学の先駆者を、〈中〉は「周期律/光/電磁気の先駆者」を、〈下〉は「進化思想/熱力学/統計力」と題し、産業革命によって育まれた熱力学の建設、マクロとミクロの世界の架け橋となった統計力学の構築に挑んだ人々を紹介する。 (新日本出版社)


マンガでわかる熱力学

原田知広

この本は、大学の熱力学の授業を難しく感じている大学生向けに書かれた。もちろん高校生にも十分に読むことができる。エントロピーとは何かを熱力学の観点から理解することを目的としている。エントロピーが増大するとは、コーヒーカップが床に落ちてバラバラに壊れるように力学的な仕事において無秩序が増大することで、バラバラになったコーヒーカップが元通りになるような逆方向には働かない。それは熱力学の第2法則から導き出される。また最後の部分で、ブラックホールの熱力学についても触れている。 (オーム社)


新しい物性物理 物質の起源からナノ・極限物性まで

伊達宗行

半導体、液晶、超伝導などの新物質を創り出すナノテクノロジーは、物性の極限の世界を切り開いてきた。ナノテクノロジーとは、1メートルの10億分の1という極小世界で、新しい物性を持った化学的な作り方の基本原理を明らかにする。なぜこの研究が重要なのか。極小の世界を制御すると、驚くほどの機能が生まれることがわかってきたから。例えば金は大きな塊の時は金色だが、超極薄にすると新しい光学特性が生まれ、濃い緑色になる。このように物性物理学分野の研究の重要性について知ることができる。 (ブルーバックス)


ロウソクの科学

ファラデー

ろうそくが燃えるという現象は、身近な現象だが、さまざまな物理・化学のエッセンスが濃縮されている。著者のマイケル・ファラデーは、19世紀の化学者・物理学者。電磁気学および電気化学の分野での貢献で知られている。この本は、ファラデーの講演記録。物理学と化学の分野で偉大な足跡を残した大科学者ファラデーの著名な科学啓蒙書であり、彼の科学との向き合い方がよくわかる書だ。 (竹内敬人:訳/岩波文庫)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ