結晶工学

主としてシリコンを単結晶させ、結晶成長するメカニズムを解き明かし、半導体の一番の基板構造を作る~IT産業を支え続ける理工学

シリコン単結晶   アモルファス   金属結晶   薄膜   準結晶

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
藤原航三
理学部 化学科
【 主な研究者 】
宇田聡
工学部 機械知能・航空工学科 ファインメカニクスコース
【 主な研究者 】
虻川匡司

京都大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
藤田静雄

名古屋大学

工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
宇治原徹 宇佐美徳隆

東京農工大学

工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
村上尚

大阪大学

工学部 電子情報工学科 電気電子工学科目 電子工学コース
【 主な研究者 】
森勇介

名城大学

理工学部 材料機能工学科 エレクトロニクス系
【 主な研究者 】
竹内哲也 成塚重弥

東京大学

教養学部 学際科学科 広域システムコース
【 主な研究者 】
岡田至崇
教養学部 統合自然科学科 物質基礎科学コース
【 主な研究者 】
深津晋

山梨大学

工学部 先端材料理工学科
【 主な研究者 】
有元圭介

広島大学

理学部 物理学科
【 主な研究者 】
黒岩芳弘

その他の優れた大学

大学詳細

富山大学

理学部 生物圏環境科学科

【雪や氷の結晶成長】 島田亙准教授は、雪や氷の結晶が成長する様子を様々な光を使った方法で研究している。

徳島大学

理工学部 理工学科 応用化学システムコース

【結晶成長学】 鈴木良尚准教授は、タンパク質やコロイドの結晶が成長する様子を、光学顕微鏡で研究している。

九州工業大学

工学部 機械知能工学科 機械工学コース

【熱電変換】 特殊な熱伝導計測技術。熱を自在に操る技術の探求。

名古屋市立大学

総合生命理学部 総合生命理学科 自然情報コース

【計算科学、結晶成長学】 三浦均准教授は、コンピュータを使って結晶成長のシミュレーションしている。

山陽小野田市立山口東京理科大学

工学部 電気工学科

【熱電変換】 低コスト熱電材料の開発。

明治大学

理工学部 物理学科

【雪や氷の結晶成長】 長嶋和茂教授は、雪や氷の結晶が成長する様子を、様々な光を使った方法で研究している。

主な研究者

興味がわいたら

結晶とはなにか

平山令明

ダイヤモンドや水晶、ルビーといった宝石や、岩石、食塩の結晶など、結晶の形は美しい。本書は、結晶を化学の視点で見つめ、化学結合や状態変化、原子分子の配列など、化学の基礎に触れている。化学を単なる受験勉強の一つとしてではなく捉え、身の回りの現象を新しい視点から「考える」きっかけとなるだろう。第1章は、高校の化学と大学の物理化学との橋渡しとなり、第4章は「結晶はどのようにして作られるのか」は、そのメカニズムについて簡単に説明する。第5章では、実験研究に必要な基礎知識がわかる。 (ブルーバックス)


結晶は生きている その成長と形の変化のしくみ

黒田登志雄

「噛めば噛むほど味が出る」、結晶成長の研究者のバイブル。結晶の構造と成長を、平易に、かつ奥深く記述している。何度読んでも勉強になる。著者は北海道大学で雪結晶を研究、日本の結晶成長理論の第一人者である。 (サイエンス社)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ