考古学

人類が残した物質文化の痕跡を調べ、人類の活動の歴史に限りなく迫る~今や遺物・遺跡を精密に計測デジタル化しCGで再現する情報考古学まで盛んに

遺構の発掘   年代測定   地質学や古植生学との連携   災害痕跡の発掘調査   実験考古学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

文学部 人文学科 考古学専修課程
【 主な研究者 】
設楽博己

早稲田大学

文学部 文学科 考古学コース
【 主な研究者 】
高橋龍三郎
文化構想学部 文化構想学科 複合文化論系
【 主な研究者 】
寺崎秀一郎

九州大学

文学部 人文学科 歴史学コース 考古学分野
【 主な研究者 】
辻田淳一郎 宮本一夫

明治大学

文学部 史学地理学科 考古学専攻
【 主な研究者 】
阿部芳郎 佐々木憲一

名古屋大学

文学部 人文学科 歴史学・人類学コース 考古学分野
【 主な研究者 】
梶原義実

京都大学

文学部 人文学科 考古学専修
【 主な研究者 】
岡村秀典 吉井秀夫

東海大学

文学部 歴史学科 考古学専攻
【 主な研究者 】
北條芳隆 秋田かな子
文学部 文明学科
【 主な研究者 】
大平秀一

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

文学部 人文科学科 歴史学・人類学コース

【アイヌ考古学】

弘前大学

人文社会科学部 文化創生課程 文化資源学コース

【考古学】 地方大学として稀に見る学際的研究の拠点として考古学が活発に行われている。「北日本考古学研究センター」という研究所もある。

山形大学

人文社会科学部 人文社会科学科 人間文化コース /ナスカ研究所

【考古学、人類学など】 世界でも珍しく、ペルーのナスカの地上絵を学際的に調査研究するチームがある。

千葉大学

文学部 人文学科 歴史学コース

【考古学】 どのようなテーマでも、個別細分化せずに、学問的な追究を担保できる力量を持った教員が在籍している。

島根大学

法文学部 社会文化学科 歴史と考古コース

【考古学】 山陰という地域に根ざしたフィールドワークを軸とした教育を実践している。少人数のきめ細やかな教育と、先史から歴史時代に至る幅広い時代を学ぶことができる体制を持っている。

岡山大学

文学部 人文学科 歴史学・考古学分野

【考古学】 吉備という日本列島の原史・古代史上において重要な地域に根ざした研究はもとより、日本・世界を視野に入れた幅広い対象を学べる体制を持つ数少ない地方大学である。

愛媛大学

法文学部 人文社会学科 人文学履修コース /アジア古代産業考古学研究センター

【考古学、文化財科学】 鉄器文化に秀でた研究者が集まっている。

熊本大学

文学部 歴史学科 歴史資料学コース

【考古学】 フィールドワークを学生主体に進めるという点では、この大学以上に実践できている大学はない。本格的に考古学を学びたいという学生に推薦できる大学である。

國學院大學

神道文化学部 神道文化学科

【神道考古学】

立正大学

文学部 史学科

【歴史考古学】

立命館大学

文学部 人文学科 日本史研究学域 考古学・文化遺産専攻

【考古学】 先史から歴史時代に至る幅広い時代を学べる体制が整っており、継続的なフィールドワークも行われている。学生数も多く活気であり、切磋琢磨できる環境がある。


海外で学ぶなら

大学詳細

Harvard University/ハーバード大学(米)

人類学科考古学分野

【人類学、先史考古学】 考古学の理論的な部分をトレーニングできる。研究環境や蔵書など、随一である。

University of East Anglia/イースト・アングリア大学(英)

考古学・人類学・美術史コース

【考古学】 人類学・美術史と一体的に考古学を学べる。博物館も充実している。日本考古学に詳しい教員もいる。

Eberhard-Karls-Universität Tübingen/エバーハルト・カール大学テュービンゲン(独)

考古学

【先史考古学】 南ドイツのアッハ渓谷など、世界的に有名な旧石器時代の洞窟遺跡の調査研究を行っている。

釜山大学(韓)

【考古学】 日本にもっとも近い韓国。考古学における日韓交渉を研究するうえでは重要なフィールドです。

慶北大学(韓)

【考古学】 スタッフが日本考古学にも造詣があり、多数の日本人留学生がここで学んできた。韓国でも地理的に中心に近いため、韓国の考古学を広く学べる環境でもある。

主な研究者

研究者詳細

水中ロボットを使って琵琶湖底深くの湖底遺跡を調査する

矢野健一
立命館大学
文学部 人文学科 日本史研究学域/文学研究科 行動文化情報学専攻

考古学の発掘と聞くと、自分の手で地道に土を掘り進めていくようなイメージを持つ人も多いかもしれませんが、現代のテクノロジーの力を借りることで、これまでは調査が困難・・・

岩本崇
島根大学
法文学部 社会文化学科 歴史と考古コース/人文社会科学研究科 言語・社会文化専攻

【考古学、弥生時代から古墳時代】日本列島における古墳時代社会について研究。当時に重要な文物として扱われた青銅器の生産・流通・保有・消費の実態の把握に取り組む。また、フィールドとしている山陰の古墳時代についても研究。

上條信彦
弘前大学
人文社会科学部 文化創生課程 文化資源学コース/人文社会科学研究科 文化科学専攻

【縄文時代の考古学】先史、考古学、東アジア、石器、食材加工をキーワードに考古学研究。学際的なプロジェクトを組織する力がある

山田俊輔
千葉大学
文学部 人文学科 歴史学コース/人文公共学府 人文科学専攻

【古墳時代のモノ研究】研究視点やモノの観方に柔軟性がある。新しい観方や研究方法を開拓している。

下垣仁志
京都大学
文学部 人文学科 考古学専修/文学研究科 歴史文化学専攻

【古墳時代の研究】近畿地方を中心とした倭王権構造の研究は、緻密なデータに基づく議論であり、高く評価される。

辻田淳一郎
九州大学
文学部 人文学科 歴史学コース 考古学分野/人文科学府 歴史空間論専攻/総合研究博物館

【古墳時代の研究】九州地方を軸とした古墳研究、さらに古墳出土鏡を対象とした手堅い研究に定評がある。

溝口孝司
九州大学
共創学部 共創学科/地球社会統合科学府 地球社会統合科学専攻/総合研究博物館

【理論考古学】考古学を理論的に研究する分野で世界をリードしている。

森下章司
大手前大学
総合文化学部 総合文化学科 考古学専攻/比較文化研究科 比較文化専攻

【古鏡の研究】弥生・古墳時代、あるいは同時期の中国の銅鏡を体系的に研究。実証的な研究内容が特に注目されている。

品川欣也
東京国立博物館

【考古学、資料論】旧石器時代研究において3D計測技術を利用し、新しい資料の観方を議論するなど、新しい研究方法を開拓している。

猪熊兼樹
東京国立博物館

【有職故実、物質文化研究、考古学】研究視点やモノの観方に柔軟性があり、新しい観方や研究方法を開拓している。物質文化論をアジア地域で研究している。

福永伸哉
大阪大学
文学部 人文学科 考古学専修/文学研究科 文化形態論専攻

【古墳時代の研究】三角縁神獣鏡の研究をはじめとした、古墳時代研究の再構築は新たな理論も取り入れた斬新な内容といえる。

興味がわいたら

王陵の考古学

都出比呂志

日本の前方後円墳、秦の始皇帝陵、エジプトのピラミッドなど、世界各地のある王陵・王墓を紹介・比較し、王陵というモニュメントが出現する背景と歴史的意義を探る。本書は、地域に根ざした学問と位置づけられることの多い考古学にとって、それとはやや異なる趣を持つ。一見異なる脈絡をもって出現したものと捉えられがちな各地の王陵を比較し、共通点を見出す。地域を超えた人間行動の共通性や、そうした共通性が生み出された背景を探るという比較考古学の手法は、新たな研究視点の実践といえるもので、考古学の現代社会に果たす役割や可能性を模索する上でも重要だ。考古学による歴史のダイナミズムを感じることができる。 (岩波新書)


考古学の教室 ゼロからわかる Q&A 65

菊池徹夫

「なぜ、そこに遺跡があるってわかるの?」「遺跡は、なぜ土の中にあるの?」など素朴な疑問を通じ、考古学の本質や面白さを学べる良書。水中考古学、実験考古学、戦跡考古学なども解説。 (平凡社新書)


環境考古学への招待 発掘からわかる食・トイレ・戦争

松井章

遺跡から出土する動物の骨や植物の種などを研究すると、昔の人の食生活もわかる。古代の便所を発掘すると、寄生虫の卵なども発掘され、川魚を刺身で食べていたことも推測できる。考古学の中でも、特に動物や植物など人間のまわりの自然環境と関わる分野を環境考古学と呼ぶ。著者は骨の専門家なので、人骨についた傷あとから戦闘の様子を生々しく再現する様が語られる。物的証拠を扱う考古学が、警察の鑑識のような仕事に近いこともよくわかるだろう。著者の体験談を中心に説得力を持って語られて興味深い。 (岩波新書)


古代への情熱

シュリーマン

実業家として成功した著者が、私財をつぎこんでギリシア神話に登場するトロイアを発掘し、その存在を実証していく自伝。シュリーマンが少年時代から成人するまで情熱を持ち続けたことが、物事を成就させたのだということが生き生きと伝わってくる。 (村田数之亮:訳/岩波文庫)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ