環境動態解析

オゾン層破壊、地球温暖化問題に取り組み!地球の物質循環とそれによる環境の変動を観測し分析~理学の気候・気象・海洋学につながる学問

複雑な海洋の物理・化学・生物的相互作用   海の酸性化   オゾンホールなど極地観測   環境微生物による物質循環   雲やエアロゾルの気候影響

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

大気エアロゾル
NASAで研究!積雪汚染が気候に与える影響をNASAの全球数値モデルを使って突き止めた!

安成哲平 先生
北海道大学 北極域研究センター

記事を読もう

エアロゾル
気候変動の原因、大気中の微粒子の分析モデルは、国連にも採用

竹村俊彦 先生
九州大学 総合理工学府/応用力学研究所 大気海洋環境研究センター

記事を読もう

雲の種となる微細粒子
20nmのナノ粒子一粒から、雲誕生のなぞに挑む

松木篤 先生
金沢大学 理工学域 地球社会基盤学類 地球惑星科学コース/自然科学研究科 自然システム学専攻/環日本海域環境研究センター

記事を読もう

砂漠化の観測
世界の砂漠化を監視する、日本発の観測ステーションを

木村玲二 先生
鳥取大学 持続性社会創生科学研究科 国際乾燥地科学専攻/乾燥地研究センター

記事を読もう

気候変動
ゴビ砂漠の恐竜時代の地層から、温暖化による急激な気候変動を発見

長谷川精 先生
高知大学 理工学部 地球環境防災学科/総合人間自然科学研究科 理工学専攻 地球環境防災学コース

記事を読もう

水質悪化
有明海の水質悪化の原因を、多様な専門家チームで究明

速水祐一 先生
佐賀大学 農学部 生物資源科学科 食資源環境科学コース

記事を読もう

エアロゾル粒子
アジア大陸から飛んでくる黒い粒子、茶色い粒子を調査

中山智喜 先生
長崎大学 環境科学部 環境科学科/水産・環境科学総合研究科 環境科学領域

記事を読もう

温室効果ガス
大都市は温室効果ガス・メタンの巨大な放出源になっていないか

植山雅仁 先生
大阪府立大学 生命環境科学域 緑地環境科学類/生命環境科学研究科 緑地環境科学専攻

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

University of Florida/フロリダ大学(米)

理学部地球科学科

【海水準復元、珊瑚の地球化学】 広いキャンパス、治安もよく、研究するにはよい環境。日本人も適度にいるため、困った時には頼れる。

University of Hawaiʻi at Mānoa/ハワイ大学マノア校(米)

海洋生物学研究所

【海洋微生物】

University of Washington/ワシントン大学(米)

海洋学部

【海洋学全般】 アメリカの中でも海洋学研究者が多く在籍している大学の一つで、幅広い海洋学が学べる。

学問をもっと深く知るために

[気象学・気候学]
スーパーコンピュータを使った熱帯巨大雲塊の予測 ~地球規模の気候・環境変動予測モデル

木本昌秀 先生
東京大学 大気海洋研究所

[地球温暖化]
地球温暖化問題研究者、ポスト3.11のCO2ゼロ社会を語る!
『低炭素社会のデザイン-ゼロ排出は可能か』著者に聞く

西岡秀三 先生
地球環境戦略研究機関/元慶應義塾大学政策・メディア研究科、国立環境研究所

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ