物理/素粒子、宇宙

眠れなくなる宇宙のはなし

佐藤勝彦

約138億年前、ビッグバンによって現在の宇宙が誕生したとされるが、著者はビッグバン直前の瞬間、宇宙が急に膨張したという「宇宙インフレーション理論」を提唱した著名な物理学者である。「宇宙はどこまで続くのか」「宇宙はいつ誕生したのだろうか」といった、宇宙について誰もが感じる疑問や最新の内容を平易な言葉で、しかし興味深く解説してくれる。宇宙について抱く哲学的な問いと物理学的な問い、その両方に答えてくれる良書。 (宝島SUGOI文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ