経済学

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

マックス・ヴェーバー

先進工業国の二つのタイプを、ドイツとイギリスを例にとって説明している。例えば、時給あがるとたくさん働くようになる国、逆に働かなくなる国といった、身近な例を挙げ示すとともに、その相違の歴史的理由を宗教、倫理観など人々の考え方も含めて説明している。ドイツの政治学者、経済学者の1904-05年の執筆。 (大塚久雄:訳/岩波文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ