文化財科学・博物館学

卑弥呼の鏡といわれる三角縁神獣鏡の謎に取り組む~古代青銅鏡の金属考古学研究


長柄毅一 先生

富山大学 芸術文化学部/芸術文化学研究科

どんなことを研究していますか?

考古学ファンなら見逃せない話題に、古代青銅鏡の三角縁神獣鏡があります。それは奈良市にある黒塚古墳から出土し、「卑弥呼の鏡でないか」と注目されるようになりました。古代青銅鏡がどのように作られたのかを知るためには、主要構成元素の銅、スズ、鉛の比率を正確に知ることが重要です。

image

私たちは、マイクロスコープを用いた出土青銅鏡の表面観察をする過程で、金属組織が観察されることを偶然見出しました。この金属組織画像を解析することで、青銅の成分を知ることが可能です。この成分を詳細に調査すれば、それが中国で作られたのか、日本で作られたのかを判別するための一つのカギとなることが期待されています。

私の専門は金属考古学という学問です。金属の鋳造、鍛造や接合技術を中心とした金属加工に関する研究をしています。そのため、インダス文明における青銅器の発生と東西伝播の研究や、三角縁神獣鏡のような古代青銅鏡の成分分析に取り組んできました。

忘れ去られた古代の人びとの技術を、現代によみがえらせる

現在は、古代の鋳物の製作技法の調査を行っています。特に、殷周青銅器と呼ばれる古代中国の鋳物は、複雑な形状と精緻な文様が特徴で、極めて高い鋳造技術によってつくられたと考えられています。殷の古代遺跡から、多くの鋳型の破片が出土していますが、完全なものはほとんどなく、当時の鋳造方法はいまだに明らかにされていません。そのため、鋳物の成分を非破壊で分析し、そのデータをもとに、コンピュータシミュレーションによる鋳造技法の解明に取り組んでいるところです。

また、これまで、インド、中国、韓国および日本の、高スズ青銅の鋳造、鍛造、熱処理技術に関する調査、研究を行ってきました。古代から現代までの鉄鋼や銅合金の熱処理の歴史を明らかにすることが目的です。現代においては忘れ去られてしまった古代の人びとの技術を明らかにし、これを現代によみがえらせることで、地域の新しい製品開発へのヒントにもなることを期待しています。

image

インドの高スズ青銅工房で技法を調査。温度測定をしている長柄先生

学生はどんなところに就職?

一般的な傾向は?
  • ●主な業種は→建築、機械製造業、公務員など様々な分野で活躍しています。
分野はどう活かされる?

ある卒業生は、大手の重工業メーカにおいて、レーザ加工装置を工場のラインに組み込むための設計や模型作りをしています。工学系の出身ではないにもかかわらず、芸術文化学部で培ったモノづくりのスキルを活かし、活躍しているとのことです。

先生から、ひとこと

image

古代の技術には、現代においても再現の難しい高度な技術があります。センサや便利な機械がなかった時代に、人々がどのようにものづくりをしたのか、これを明らかにするのが文化財科学の面白いところです。文系、理系それぞれの知識が必要な領域ですから、好奇心が旺盛な方には、ぜひ挑戦してもらいたいと思います。

先生の学部・学科はどんなとこ

富山大学芸術文化学部は、総合大学の中にある芸術系学部です。融合教育と地域連携を特徴としており、専門分野に縛られず、幅広い芸術の知識を得ることができます。

image

三角縁神獣鏡の表面観察

先生の研究に挑戦しよう

身の回りの青銅器(花瓶など)の製作方法を想像してみよう。鋳造は砂で鋳型を作り、その中に溶けた金属を流し込むものづくりの方法です。コップや花瓶などはどのように鋳型を作ればよいのか、想像してみてください。

興味がわいたら~先生おすすめ本

金属が語る日本史 銭貨・日本刀・鉄炮

齋藤努

この本は文化財を科学的に調査することの意義を明確に述べたうえで、銭貨、日本刀、鉄砲などの分析事例をわかりやすく述べている。日本で最初の流通貨幣と言われる和同開珎の銅含有量など、本書を通じてX線や電子線が、古代の金属製品の性質を明らかにする面白さが伝わってくる。プロローグp1~11では、文化財科学とはなにかについて述べており、「文化財科学」という学問領域の入門書としてもすぐれている。 (吉川弘文館)


理系の視点からみた「考古学」の論争点

新井宏

この本は古代を探究する考古学について、考古学者が長年論争してきた謎を理系科学者の視点から考察している。著者は、もと鉄鋼会社の金属エンジニア。たいへん興味深い1つに、従来の炭素14年代年代測定法に対する疑問の提出がある。弥生時代はどこまで年代を遡れるかという謎に対し、国立歴史民俗博物館グループの主張する「弥生時代中期のはじまりは紀元前370年頃」という説はまったく合わないと述べ、鉛の同位体の比率に基づく分析法を駆使、著者は紀元前250年頃と結論する。卑弥呼の鏡と言われる三角縁神獣鏡についても、主観的な思考を排し、基礎的な数値データに基づき興味深い仮説を展開する。文化財科学の入門書としても面白く読める。 (大和書房)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環としても、学校法人河合塾により、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ