神経生理学・神経科学一般

化学物質や電気信号を伝達する脳・神経の働きの謎に迫る、脳科学の最前線。その成果は、人間の精神活動を理解する神経科学一般に利用される

受容体   脳科学vs.人工知能   脳神経ネットワーク   再生   神経伝達物質

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東京大学

理学部 生物化学科
【 主な研究者 】
眞田佳門
理学部 生物学科
【 主な研究者 】
榎本和生
薬学部
【 主な研究者 】
池谷裕二
医学部 医学科
【 主な研究者 】
河西春郎

名古屋大学

理学部 生命理学科
【 主な研究者 】
上川内あづさ 森郁恵

東北大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
虫明元 大隅典子
理学部 生物学科
【 主な研究者 】
谷本拓

富山大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
一條裕之 西条寿夫 井ノ口馨
工学部 工学科 知能情報工学コース
【 主な研究者 】
田端俊英

慶應義塾大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
柚崎通介 田中謙二

新潟大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
杉山清佳

生理学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

筑波大学

医学群 医学類 /国際統合睡眠医科学研究機構

【分子神経生物学】 分子機構から細胞機構、行動までを縦断的にアプローチしている。国際統合睡眠医科学研究機構は、睡眠に特化して様々な国際的なメンバーが集まっている。

群馬大学

医学部 医学科

【神経科学、神経生理学、神経再生医学】 群馬大学には神経を研究する研究室が24も存在しており、それらに加えて重粒子線治療設備も有している。これらが連携して、基礎神経科学から放射線を用いた治療研究までを様々な角度から研究している。若いスタッフが多く、新人が切磋琢磨しながら成長できる。柔軟な思考法により、革新的なアイディアを創造する姿勢が身に付く。

金沢大学

医薬保健学域 医学類 /脳・肝インターフェースメディシン研究センター

【脳回の形成機序の解明】 神経発生学の研究室では、脳のしわができるメカニズムの研究を行う。脳・肝インターフェースメディシン研究センターでは、基礎から臨床までを見据えた研究を展開。なによりも、若手教員の活躍の場として、魅力ある組織展開が大学主導で行われている点が特徴である。

山梨大学

医学部 医学科

【生体内神経活動のイメージング】 生体内神経細胞のリアルタイムのイメージングを行い、記憶・学習などに伴う変化の解析を行っている。

同志社大学

生命医科学部 医生命システム学科

脳について広く学ぶ専門の研究科(脳科学研究科)がある点が特徴である。


海外で学ぶなら

大学詳細

Massachusetts Institute of Technology/マサチューセッツ工科大学(米)

Picower Institute for Learning and Memory

University of California, Davis/カリフォルニア大学デービス校(米)

Department of Neurobiology, Physiology, and Behavior

【神経科学全般】 神経科学に関連するあらゆる分野(生物学だけでなく、数理的な分野も含まれる)の学者が結集して教育に当たる。同種の教育部局が他のアメリカの有力大学にも見られるが、その中では歴史が浅く、比較的入学しやすい。

University of Rochester/ロチェスター大学(米)

医学部

付属研究施設が充実している。

École normale supérieure/エコール・ノルマル・シュペリウール(仏)

主な研究者

研究者詳細
柴崎貢志
群馬大学
医学部 医学科/医学系研究科 生命医科学専攻

【温度神経生物学、分子神経生理学】記憶の形成に不可欠な脳の海馬に34℃以上で働く温度センサー分子が多く存在することを発見、ほ乳類は変温動物と異なり、脳の温度を一定に保つことでセンサー分子が働くことが判明。その知見を応用し、異常興奮状態に陥った病態型神経細胞を温度センサーが抑制、てんかん治療に役立てることに挑む。

杉山清佳
新潟大学
医学部 医学科/医歯学総合研究科 分子細胞医学専攻

【赤ちゃんの脳の神経ネットワーク】赤ちゃんの脳神経回路を成長させる「臨界期」という特別な時期について研究。母胎内の胎生期、赤ちゃんの脳を作るタンパク質が、生後の脳を発達させる働きも持つことに注目、そのタンパク質の作用によって大脳は正常に臨界期を迎えることを突き止めた。

田端俊英
富山大学
工学部 工学科 知能情報工学コース/理工学教育部 知能情報工学専攻

【神経生理学】外界から入ってきた刺激に対して、神経系が機能的に変化する「シナプス可塑性」を分子レベルで解明。それによって、なぜ記憶力が良い/悪い人がいるのか、どうすれ学習の効率を改善できるかがわかるようになる。

一條裕之
富山大学
医学部 医学科/医学薬学教育部 医学専攻

【神経科学】モデル動物と非モデル動物を分けへだてなく利用して動物の行動をコントロールする様式を研究。動物は好ましいものに接近し、好ましくないものから逃れる。接近と離脱に密接に関わる神経回路を同定して、その性質を探り出す。

河崎洋志
金沢大学
医薬保健学域 医学類/医薬保健学総合研究科 医科学専攻

【神経の発生、可塑性】哺乳小動物のフェレットをはじめ、多様なモデル動物を用いて脳の発達の研究を行う。学生のモチベーションを上げ、研究を楽しくする先生。

相澤秀紀
広島大学
医学部 医学科/医歯薬保健学研究科 医歯科学専攻

【ストレスに適応する神経回路と行動】神経回路が動物の行動を制御する機構を探っている。

上窪裕二
順天堂大学
医学部 医学科/医学研究科 医学専攻

【分子神経生物学】発見した事柄をあらゆる技法を用いて徹底的に証明している姿勢に定評がある。

岩里琢治
総合研究大学院大学
生命科学研究科 遺伝学専攻/国立遺伝学研究所

【神経の発生、可塑性】遺伝子改変マウスを用いた研究を得意とする。発達中の脳の神経細胞の形態を観察し、遺伝子や神経活動との関わりを研究する。

吉村由美子
総合研究大学院大学
生命科学研究科 生理科学専攻/生理学研究所

【神経生理、可塑性】多様な方法を用いて神経細胞の活動を直接記録することで、神経ネットワークの正常なつながり方を明らかにする。生理学的解析を得意とする。

下郡智美
理化学研究所

【神経の発生、可塑性】動物子宮内での遺伝子強制発現法を得意とする。海外に多くの接点を持ち、国際的な感覚が豊か。

岡本仁
理化学研究所

【情動の神経回路と行動の選択】分子生物学的な方法を利用して神経回路の機能を制御し、その影響を行動の観点から探っている。

久保義弘
総合研究大学院大学
生命科学研究科 生理科学専攻/生理学研究所

【分子神経生物学】生物物理学的な観点から、イオンチャンネル、受容体等について研究。生物の機能を調べることを中心として、そのために必要であれば、どのような方法をも採り込んでいくことに優れている。

興味がわいたら

ことばと思考

今井むつみ

言葉は重要な脳の働きであり、言葉を使って我々はものを考える。そこで推薦するのが本書。言語の習得が子どもの思考にどのような影響を与えるのか。異言語を話す外国人と日本人の思考や認識には、言語が原因と言える違いがあるのか。様々な興味深い切り口から解説されている。 (岩波新書)


生命38億年スペシャル 最新脳科学ミステリー“人間とは何だ…!?”

4時間にわたる見ごたえのある長編ドキュメンタリー番組。無意識の脳の働きや、心と脳の関係、脳の病気の解明などを、先端サイエンスを用いて科学的に深く掘り下げてくれる。 (TBS 安住紳一郎、松たか子:出演)


睡眠の科学

櫻井武

動物は、なぜ睡眠という、外敵に襲われる危険行為をとる必要があるのか? 脳内のどのような分子基盤に基づいて睡眠と覚醒のスイッチが入るのか? これらを一般人にもわかりやすく解説しており、神経科学に興味を持ってもらうのには良い題材を取り扱った本だ。 (ブルーバックス)


ブレインサイエンス・レビュー2018

公益財団法人ブレインサイエンス振興財団:編

若手脳科学者の優れたオリジナル論文集。神経科学での最先端トピックスがわかる。1年に一度最新版が発行される。 (廣川信隆、柴崎貢志ほか/クバプロ)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ