神経解剖学・神経病理学

「神経解剖学」は脳や神経のしくみを調べ、「神経病理学」はそこで生じる脳の病気の原因を明らかにし脳腫瘍、認知症などの治療に役立てる

大脳皮質   神経細胞   脳画像   パーキンソン病   アルツハイマー病

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

九州大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
鈴木諭

熊本大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
玉巻伸章 福田孝一

その他の優れた大学

大学詳細

北海道大学

医学部 医学科

【腫瘍病理学】 脳腫瘍の基礎研究を盛んに行っている。

群馬大学

医学部 医学科

【病態病理学】 脳腫瘍の病理診断と分子遺伝学的研究において蓄積された研究成果を多数持っている。

名古屋市立大学

医学部 医学科

【神経発生・再生学】 成体の脳に存在する幹細胞による神経細胞の産生機構を明らかにし、発生・再生医学へ貢献することを目指した研究を推進している。

愛知医科大学

医学部 医学科 /加齢医科学研究所

【神経病理学】 加齢医科学研究所では、神経疾患の病理解剖症例が日本有数である。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California, San Francisco/カリフォルニア大学サンフランシスコ校(米)

Department of Neurological Surgery

【adult neurogenesis、neuronal replacement】 Dr. Arturo Álvarez-Buyllaが在籍。成体神経新生の分野を世界的にリードしている。

主な研究者

研究者詳細
横尾英明
群馬大学
医学部 医学科/医学系研究科 医科学専攻

【脳腫瘍病理学】脳腫瘍の病理診断と原因について病理学研究。多数の症例を集め、疾患の持つ特徴を明らかにし、腫瘍細胞の性質の解析や、異常を起こしている遺伝子の探索などを行う。

玉巻伸章
熊本大学
医学部 医学科/医学教育部 医学専攻

【神経発生、神経解剖学】だれもやったことのない、大脳新皮質の損傷した神経細胞を刺激して分裂再生させる研究。大脳新皮質の側頭葉内側の奥に存在する扁桃体に、電気刺激を加えると、神経幹細胞であることを示す前駆細胞を発見。それ以来、中枢神経系の治療法創出のための研究を進めている。

信澤純人
群馬大学
医学部 医学科/医学系研究科 医科学専攻

【脳腫瘍病理学】若手ながらも脳腫瘍の分子遺伝学的研究で日本を代表する存在である。

柿田明美
新潟大学
医歯学総合研究科 生体機能調節医学専攻/脳研究所

【神経病理学】病気の脳を収集するブレインバンクを擁し、国内外の研究者と盛んに共同研究を行っている。

今吉格
京都大学
生命科学研究科 高次生命科学専攻/白眉センター

【神経産生】神経細胞分裂を徹底に調べている。

高橋弘雄
香川大学
医学部 医学科

【嗅覚系における成体神経新生の分子機構】神経活動の回路形成に関与する最初期の転写因子が脳梗塞から脳を守る、そのメカニズムを解明。

鈴木諭
九州大学
医学部 医学科/医学系学府 医学専攻

【神経病理学】多方面にわたる脳神経疾患の診断と研究を指揮している。

澤本和延
名古屋市立大学
医学部 医学科/医学研究科 生体防御・総合医学専攻

【成体神経産生】脳梗塞などでダメージを受けた脳組織で、アストロサイトと呼ばれる細胞が、神経機能の障害を十分に回復させること妨げていることを発見。成熟した脳では神経細胞を再生する能力がほとんどないという定説を覆し、発生・再生医学へ貢献することを目指した研究を推進する。

澤田雅人
名古屋市立大学
医学部 医学科/医学研究科 生体防御・総合医学専攻

【神経発生・再生学】生きた動物で脳内の神経細胞を長期間観察する技術を使って、神経細胞の再生のしくみと脳の活動の関係について詳しく調べている。

金子奈穂子
名古屋市立大学
医学部 医学科/医学研究科 生体防御・総合医学専攻
石龍徳
東京医科大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【海馬での神経産生】成体の脳の大部分では新しいニューロンは生成されないが、例外的に海馬ではニューロンが新しく生まれている。この部位が胎生期にどのようにして形成されて、なぜニューロン新生が成体期まで続くのかを研究。

尾藤晴彦
東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 脳神経医学専攻

【神経生化学】神経回路の形成と可塑的な再編成を制御する細胞情報伝達に関わる研究を推進している。

影山龍一郎
京都大学
生命科学研究科 統合生命科学専攻/ウイルス・再生医科学研究所

【神経発生】脳神経分化過程を4つのステップに分けて、それぞれを制御する転写因子を同定し、神経分化における遺伝子発現制御ネットワークの解明を目指している。

岡野栄之
慶應義塾大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【中枢神経系の発生と再生】神経系を構成するニューロンとグリアは、神経幹細胞と呼ばれる共通の細胞から生まれるが、このしくみを研究することによって、脳の発生の基本メカニズムを明らかにする。さらに神経系の疾患や損傷の新しい治療法の開発に役立てることを目指している。

興味がわいたら

わたしの病気は何ですか? 病理診断科への招待

近藤武史、榎木英介

病理学というものがどんなものなのかを知ってもらう入門書として好適。臨床医と病理医の役割を例えるならば、臨床医は病気という「被疑者」を捕まえてくる警察官で、病理医はその病気を「審理」して診断という「判決」を下す役割だ。それをわかりやすく、現場の実状に即して説明してくれる。 (岩波科学ライブラリー)


フラジャイル

草水敏:原作、恵三朗:作

病理医が主人公のコミック。多少の脚色があるとはいえ、生検や病理解剖などを行い、病気の原因過程を診断する病理学の現場を、かなりのリアリティをもって描写している。テレビドラマ化もされた。 (講談社)


私の脳科学講義

利根川進

ノーベル生理学医学賞受賞者の利根川進博士が自らの歩んだ道や、脳科学についての講義や対談をまとめた本。先生は免疫学を専門にしてノーベル賞を受賞し、その後、脳科学の分野に参入、現在も世界の脳科学研究をリードしている。興味深いことに、「この研究は面白い」「面白くない」という価値観が、彼の尊敬する科学者たちの間では一致しており、そのような価値観は、創造性の高い研究を成し遂げた研究者の傍らにいて、かつ、本人にしかるべきアンテナが備わっていて醸成されると述べている。また、「脳科学は心の働きを解明する学問なので、いずれ哲学・宗教・心理学などすべての学問が脳科学に吸収されるだろう」とも語る。柔軟な脳を持った高校生ならば、研究者としての大切な「価値観」を、本書から少しでもキャッチしてほしい。 (岩波新書)


単純な脳、複雑な「私」

池谷裕二

著者が20年前に卒業した母校で、後輩の高校生たちに「最先端の脳科学」を紹介した講義録。脳科学における様々な実験結果を紹介しながら、「心」がどのようにして生まれるのかを説く。わかりやすく愉快な語り口も含め、脳神経科学の入門書として秀逸だ。 (ブルーバックス)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ