精神神経科学

心の病の治療を目的に薬物療法、予防・診断として脳や行動レベルなど様々な次元で精神活動の理解を深める

統合失調症   うつ病   アルコール依存症   アスペルガー   サイコパス

こんな研究をして世界を変えよう

脳細胞ゲノム
「動く遺伝子」は脳の病気にどう関与?脳細胞を一つ一つ解析

文東美紀 先生
熊本大学 医学部 医学科(生命科学研究部 先端生命医療科学部門)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

浜松医科大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
佐藤康二 武井教使

京都大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
村井俊哉

金沢大学

医薬保健学域 医学類
【 主な研究者 】
菊知充 橋本隆紀

新潟大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
染矢俊幸

名古屋大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
入谷修司 尾崎紀夫

その他の優れた大学

大学詳細

東北大学

医学部 医学科 /包括的脳科学研究・教育推進センター

センターは、医学薬学・理学・工学・人文科学など多領域の研究教育スタッフが協力して脳科学に取り組む研究所。高校生向けに種々の企画も行っている。

千葉大学

医学部 医学科 /予防医学センター

【環境生命医学】 予防医学センターは、子どもの発達と環境に関する大規模な縦断的調査を実施している国内でも数少ない研究施設の一つである。

富山大学

医学部 医学科

【精神医学】

広島大学

医学部 医学科

【精神神経医科学】 脳機能画像解析に加えて、ゲノム解析や網羅的な蛋白質解析等、多角的に精神疾患に関する研究を行っている。日本を代表する精神医学教室。

名古屋市立大学

医学部 医学科

【精神医学】

慶應義塾大学

医学部 医学科

【精神医学】

帝京大学

医学部 医学科

【精神医学】


海外で学ぶなら

大学詳細

Emory University/エモリー大学(米)

Department of Psychiatry and Behavioral Sciences

プレリーハタネズミを用いた社会性に関する研究で世界のトップを走るLarry Young博士が在籍。

Università degli Studi di Trento/トレント大学(伊)

【認知科学】 臨床・基礎が一体となった精神疾患研究が展開されている。

活躍する研究者

福田正人 先生
群馬大学
医学部 医学科/医学系研究科 生命医科学専攻

【精神医学、脳機能画像、臨床神経生理学、思春期学】脳の機能と関連づけの中で、人間の心や精神について、一人ひとりが充実した生活と人生を送ることを科学の視点から支援する研究。

三井真一 先生
群馬大学
医学部 保健学科 作業療法学専攻/保健学研究科 保健学専攻

【神経科学、分子生物学、動物行動学】プレリーハタネズミという小動物は一度交尾した相手と終生ペア形成したり、父親や兄弟姉妹が育児に参加することが知られている。このネズミにトラウマを与えると、夫婦の絆に変化があるのか、抗うつ薬を投与すると良好な夫婦関係は回復するのかなど確かめた。プレリーハタネズミや遺伝子操作マウスを用いて、他者との関係に関わる脳領域や分子について研究。

篠原一之 先生
長崎大学
医学部 医学科/医歯薬学総合研究科 先進予防医学共同専攻

【児童精神医学、社会性脳科学】環境と遺伝子が子どもの社会性発達に与える影響を検証。この研究により、子どもの健全な発達を阻害する環境因子に関して、新たな知見が見出される。子どもの発達に望ましくない環境を取り除くことで、発達障害の予防等、子どもの健全な発達促進に結びつくことを示唆。

笠井清登 先生
東京大学
医学部 医学科/医学系研究科 脳神経医学専攻

【精神医学】一般人口における精神疾患の生涯有病率は46%と言われる。そんな背景から、自閉症や体内リズムなどに関わる脳内機構を分子レベルで解明していく最先端の研究者。

山末英典 先生
浜松医科大学
医学部 医学科/医学系研究科 医学専攻

【精神医学】脳機能イメージング、遺伝子解析など多彩な手法を駆使して、様々な角度から発達障害の病因解明、治療法開発に取り組んでいる。

村井俊哉 先生
京都大学
医学部 医学科/医学研究科 医学専攻

【精神医学】臨床研究に力点を置く伝統を引き継ぎながら、神経画像技術など新規の研究手法も柔軟に取り入れている。

佐藤弥 先生
理化学研究所

【脳機能イメージング】自閉症患者の社会性障害をもたらす神経基盤に関して質の高い研究成果を挙げている。

池淵恵美 先生
帝京平成大学
臨床心理学研究科 臨床心理学専攻

【精神医学】精神疾患の心理社会的サポートのエキスパート。

三村將 先生
慶應義塾大学
医学部 医学科/医学研究科 医科学専攻

【精神医学】

菊水健史 先生
麻布大学
獣医学部 動物応用科学科/獣医学研究科 動物応用科学専攻

【伴侶動物学】人とペットなどの動物との絆や動物のこころ、社会認知などについてユニークな研究を展開。

興味がわいたら

つながる脳科学 「心のしくみ」に迫る脳研究の最前線

理化学研究所

神経細胞の構造の記述から始まった脳研究は、現代では、画像研究、分子生物学研究、人工知能など、様々な視点から進められています。この本では、日本における脳研究者の第一人者たちが、それぞれ自分の強みを生かして、記憶を操ることはできるのか、心の病気は治せるのか、などといった難問に挑戦していく、その試みの一端を伺うことができます。

精神疾患は脳が原因臓器であると考えられていますが、まだ詳しいことがほとんどわかっていない、これからの研究分野です。脳科学に興味を持ち、精神疾患研究の分野に、どんな方向からであれ、若い力が参入してくれることを願ってやみません。 (脳科学総合研究センター)


思春期学

長谷川寿一:監修

精神医学者、進化心理学の人類学者、思春期の発達科学の研究者、脳科学者、統合失調症、発達障害、摂食障害などの精神病理学者、診療所の精神科医、体験者自身の語りなどから多面的に思春期を取り上げる。少し高い本だが、新しい学問分野としての「思春期学」の成果をまとめたホットな本。 (笠井清登、藤井直敬、福田正人、長谷川眞理子:編/東京大学出版会)


自閉症という謎に迫る 研究最前線報告

金沢大学子どものこころの発達研究センター:監修

自閉症および関連疾患について、精神科医、分子生物学者、脳科学者、社会学者といったさまざまな立場から解説した本。精神発達障害について医学・生物学的な研究はもちろんだが、社会学的な観点からの研究も必要であることが理解できる。文系であってもこうした疾患についての研究を行うことが可能であることが示されている。 (小学館新書)


脳には妙なクセがある

池谷裕二

脳は見たり聞いたりしたことを瞬時に理解し、次にどのような行動を取るべきかを判断している。脳内でどのようなことが起こっているかは不明な点は多いのだが、最近明らかになってきた脳の不思議な活動が述べられている。例えば、恋をすると脳の処理速度が早くなる話、寝ている間に記憶が定着する話、言語を獲得するきっかけとなった遺伝子の話など。筆者は周囲の環境から受ける刺激とそれに対する反応行動が基になり心が形作られてきたと考察している。これまで哲学や心理学といった文系領域で取り扱われてきた脳の働きや精神活動も、今後生物学的な知見に基づいて理解されることにより、精神疾患に対する新たな治療法が開発されると期待される。 (扶桑社新書)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ