脳計測科学

MRIなど様々な脳計測装置を用いて脳波を計測、脳信号を解読し、ヒトの優れた脳の働きを解き明かす~医学、情報学、工学など様々な分野とつながる応用工学系脳科学

光遺伝学計測   fMRI   海馬   注意・記憶・思考・判断など高次脳機能の計測

こんな研究をして世界を変えよう

脳波の解読
体と心の異変は脳に教えてもらおう
膨大な脳信号から不調のサインだけをキャッチ、解読へ

吉村奈津江 先生
東京工業大学 工学院 情報通信系(情報通信コース、ライフエンジニアリングコース)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

新潟大学

医学部 医学科
【 主な研究者 】
長谷川功

京都大学

工学部 電気電子工学科
【 主な研究者 】
小林哲生

生理学研究所


その他の優れた大学

大学詳細

東京大学

薬学部

【マウスを用いたBMI研究】 池谷裕二教授は脳科学者として有名で、多くの優秀な研究者を育てている。また、ブレイン・マシン・インターフェース(BMI)の研究でも独創的な成果を次々と出し、世界をリード。

大阪大学

医学部 医学科

【BMIの開発と臨床応用】 医学科の脳神経外科はBMI研究を学際的に進める研究拠点として、特に皮質脳波を扱う点でユニーク。

慶應義塾大学

理工学部 生命情報学科

【脳波を用いたブレインマシンインターフェイスの研究】 牛場潤一先生の率いるリハビリテーション神経科学研究室は、頭皮脳波を用いたBMI(ブレインマシンインターフェイス)の開発とリハビリテーションへの応用で日本を代表する研究室。学生への教育も大変丁寧である。

活躍する研究者

興味がわいたら

脳のなかの幽霊

V・S・ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー

著者は、アメリカの神経科医。切断した手や足がまだあると感じる「幻肢」など、様々な神経疾患の不思議な症例から、脳の働きについて解説する。とにかく不思議で面白いので、興味を持ってもらいたい。 (山下篤子:訳/角川文庫)


進化しすぎた脳 中高生と語る[大脳生理学]の最前線

池谷裕二

大脳生理学の最先端の知識をもとに、記憶のメカニズムから、意識の問題まで、中高生にも分かる言葉でやさしく、そして詳しく説明している。脳や神経科学、脳科学に興味がある人には手ごろな入門書としてお勧めしたい一冊。 (ブルーバックス)


脳のなかの幽霊

V・S・ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー

切断された手足がまだついているように感じたり、本物の両親を偽物と主張する…。アメリカの神経科医、心理学・神経科学者である著者が、これまでに出会ったさまざまな患者との数々のやり取りを紹介しながら、脳の不思議を解説する。解説は養老孟司。 (山下篤子:訳/角川書店)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ