改訂新版 細胞の社会 生命秩序の基本をさぐる

岡田節人

バイオテクノロジーという科学用語が生み出されもてはやされた頃、生きものの謎はどこまで解けたかということに迫った本。著者は京大時代、分子生物学の名物教授だった人。細胞の社会の不思議を著者独特の語り口で解説した名著と今も評判は高い。 (ブルーバックス)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ