教育社会学

社会学の技法に特徴的な社会調査を行い、教師や児童生徒の人間関係などを分析し、また学歴社会と社会階層化など教育の社会的影響との関係を調べる

親の所得と子どもの学力   不登校   ひきこもり   就活   進学

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

広島大学

総合科学部 総合科学科 社会探究領域
【 主な研究者 】
青木利夫

大阪大学

人間科学部 人間科学科 教育学科目
【 主な研究者 】
園山大祐 高田一宏
人間科学部 人間科学科 共生学科目
【 主な研究者 】
志水宏吉 澤村信英

東京大学

教育学部 総合教育科学科 比較教育社会学コース
【 主な研究者 】
橋本鉱市 本田由紀 恒吉僚子 中村高康
教育学部 総合教育科学科 教育実践・政策学コース
【 主な研究者 】
北村友人
教養学部 教養学科 超域文化科学分科 比較文学比較芸術コース
【 主な研究者 】
寺田寅彦

名古屋大学

教育学部 人間発達科学科 国際社会文化コース
【 主な研究者 】
服部美奈 阿曽沼明裕 伊藤彰浩
教育学部 人間発達科学科 学校教育情報コース
【 主な研究者 】
渡邉雅子

九州大学

教育学部 教育学系
【 主な研究者 】
吉本圭一 竹熊尚夫 木村拓也

早稲田大学

教育学部 教育学科 教育学専攻 生涯教育学専修
【 主な研究者 】
吉田文 小林敦子
教育学部 社会科 公共市民学専修
【 主な研究者 】
近藤孝弘
文学部 文学科 教育学コース
【 主な研究者 】
沖清豪
文化構想学部 文化構想学科 社会構築論系
【 主な研究者 】
山西優二
人間科学部 人間環境科学科
【 主な研究者 】
森本豊富

神戸大学

文学部 人文学科 社会学専修
【 主な研究者 】
白鳥義彦

筑波大学

社会・国際学群 社会学類 社会学主専攻
【 主な研究者 】
森直人
社会・国際学群 国際総合学類
【 主な研究者 】
柴田政子
人間学群 教育学類
【 主な研究者 】
上田孝典

その他の優れた大学

大学詳細

お茶の水女子大学

文教育学部 人間社会科学科 教育科学コース

【学校社会学、学力研究】 優れた女性研究者が養成されている。東大をはじめとする主要な共同研究にも参加している。

一橋大学

社会学部 社会学科

【人間・社会形成研究分野】

京都大学

総合人間学部 総合人間学科 人間科学系/教育学部 教育科学科 相関教育システム論系

琉球大学

教育学部 学校教育教員養成課程

【学力研究】 西本裕輝先生らの沖縄の学力問題に関する研究と地域貢献。

日本大学

文理学部 教育学科

法政大学

キャリアデザイン学部 キャリアデザイン学科

活躍する研究者

森直人 先生
筑波大学
社会・国際学群 社会学類 社会学主専攻/人文社会ビジネス科学学術院 人文社会科学研究群 国際公共政策学位プログラム

【教育社会学、歴史社会学、社会階層論】教育における社会的階層的な不平等をめぐる実態と、それを人々がどう認識し、現実に介入しようと実践しているのか。2つの視点から、戦後日本の歴史をとらえ直す研究。戦後に飛躍的な高学歴化をはたした日本の教育と社会の関係の今後のあり方を考える。

山崎博敏 先生
兵庫大学
高等教育研究センター

【学校の社会学、初等中等教育、高等教育】戦後約60年間、全国47都道府県の小・中・高校の教員の採用と供給の変化を分析し、2025年までの教員需要を推計している。また学級規模の大小が与える授業や学級生活などへの影響について社会学的な研究を進める。

小方直幸 先生
香川大学
教育学部 学校教育教員養成課程 小学校教育コース/教育学研究科 学校教育専攻

【職業と教育】大学教育の効用、教育の人間形成機能に関する鋭く緻密な分析はすばらしい。

小針誠 先生
青山学院大学
教育人間科学部 教育学科

【教育社会史】著書『お受験の社会史―都市新中間層と私立小学校』が面白い。

志水宏吉 先生
大阪大学
人間科学部 人間科学科 共生学科目/人間科学研究科 人間科学専攻

【学力と階層、学校に関するエスノグラフィー】

興味がわいたら

主権者はつくられる

池田賢市、桜井智恵子

昨今注目される主権者教育。「どのような主権者教育をすれば良いのか」を考える前に、主権や教育を根本から問い直し、主権者教育にまつわる様々な問題点を浮き彫りにしています。「主権者教育」とは何か、「主権者教育」は必要か、そもそも「主権」や「教育」というものはどういうことかを問い直している1冊です。

「自分自身を承認できる学校へ」の章では、若者の政治的無関心は、小学校から高校までの教育において、子どもたちが批判的に物事を考える機会が奪われているからではないかということを、学校現場や教育政策だけでなく、雇用や暮らしの構造を問う視点からも能力主義に基づく教育を問い直し、学校の内実を変えていく必要があると提案しています。 (アドバンテージサーバー)


日本の15歳はなぜ学力が高いのか? 5つの教育大国に学ぶ成功の秘密

ルーシー・クレハン

「日本の15歳はなぜ学力が高いのか?」という邦題が付されていますが、実際には、その副題にある通り、国際学力調査で好成績を集めた5つの国(フィンランド、日本、シンガポール、中国、カナダ)の教育を扱った書籍です。

イギリスの研究者が、実際に足を伸ばし、教壇に立ちながらまとめた記述からは、各国の教育のリアルな姿が浮かび上がります。こういった研究手法がいかに困難を伴うものであるのかは理解していても、「いつかこんな研究をしてみたい!」と思わせてくれる魅力的な一冊です。 (訳:橋川史/早川書房)


検証 迷走する英語入試 スピーキング導入と民間委託

南風原朝和

延期・中止が決まる前に、民間スピーキングテスト導入について政策・実施の観点から多角的に検証したブックレットが出版されました。何が問題なのか、なぜ危険なのか、今後どうなるのか……自分たちはどうしたら良いのかを知るために、ぜひ読んでみてください。 (岩波ブックレット)


教育問題はなぜまちがって語られるのか? 「わかったつもり」からの脱却

広田照幸、伊藤茂樹

教育社会学の視点から、教育に関する様々なイメージや「語り方」=「言説」を批判的に考える方法を学ぶことができます。簡単にいえば、教育をめぐる「あたりまえ」や「常識」をどのように疑い、社会学的により重要な問題や論点に近づくのか、そのために必要な態度や視点について解説されています。

高校生が教育社会学の魅力に触れる、超入門編としてオススメの一冊であるとともに、読者の皆さんが自分の生活や日常を捉え直す手がかりにもなるでしょう。 (日本図書センター)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ