飢餓海峡

水上勉

水上勉の代表作にして、社会派推理小説と呼ばれたジャンルの代表作。犯人を捜す面白さではなく、どのような状況の中で人が犯罪に手を染めてしまうのかを探るところに力点があります。占領下の戦後日本の現実を描き出し、重いテーマでありながらどんどん先が読みたくなります。エンターテイメントと文学性の絶妙なバランスが魅力です。 (新潮文庫)

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ