教育・心理系

「学校」をつくり直す

苫野一徳

学校で生活していて、「なぜこんな決まりや暗黙の了解があるのだろう」と一度は疑問を持ったことがあるかもしれません。それは、学生の学びのためになっているのか、「教育とは何か」を考え、そのシステム自体を問い直す上で読んでもらいたい書籍です。

子どもにとって、「遊びを通した学び」が重要であること、これから求められる教育のあり方、そして最新の学校改革に触れてください。将来、教育者になりたい方にとっては、教師という職業が面白いと思える内容だと思います。 (河出新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ