哲学・思想

寛容論

ヴォルテール

200年以上前に起きた冤罪事件の犠牲となったジャン・カラスの名誉を回復するための闘いを通して、啓蒙思想家ヴォルテールが、宗教的な不寛容がいかに大きな罪悪であるかを教えてくれます。宗教や民族を異にする人々がグローバルな時代を生きていくために、意味のある示唆を与えてくれる書物です。 (訳:中川信/中公文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ



みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ