生物・バイオ系

クワガタムシが語る生物多様性

五箇公一

森林破壊や生物の乱獲、外来生物の拡大など、生物多様性は危機に瀕している。著者の五箇公一氏は国立環境学研究所の外来侵入生物の研究者。昆虫博士が、わかりやすく誠実な文章で、身近な生物を題材に生物多様性や生物資源管理の難しさを解説してくれる。 (集英社クリエイティブ)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ