捕食者なき世界

ウイリアム・ソウルゼンバーグ

生態系は、どのようにして維持されているのか。様々な野外研究の結果、その地域の「捕食者」となる動物が鍵であることを明かす。「捕食者」が絶滅することが、いかに生態系の崩壊を招くのかを明らかにし、自然環境を復元する難しさと、そのために必要なことを考える本。野生動物の世界と自然保護に興味がある人におすすめしたい。 (野中香方子:訳/文春文庫)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ