教育・心理系

子どものときの運動が一生の身体をつくる

宮下充正

子どもの時期にどのような運動をすることが大切かを書いている本だが、特に「幼いころからのスポーツ指導が決め手」という章が印象的だ。多くの子どもが将来の活躍を目指して、幼い頃からスポーツに取り組んでいるが、そのスポーツが、本当に自分に合っているかどうかはわからない。幼い頃には、遊びの要素を持ちながら、さまざまな運動に取り組むべきだということが書かれている。 (明和出版)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ