錯覚学 知覚の謎を解く

一川誠

錯覚とは適当に生じるのではなく、物理的特性と知覚される内容が一定の規則性に基づいて乖離することだ。錯覚の生じ方を調べると、私たちの脳が少ない情報からどのように世界を構造化しているのか理解できる。本書は、千葉大学・一川誠先生が、研究で取り扱っている錯視現象について、錯覚現象の面白さ、不思議さ、その現象の基礎について理解することの意義や可能性を、一般の読者向けにわかりやすく解説している。 (集英社新書)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ