遺伝育種科学

農作物のゲノム解析の進歩を背景に、栽培に有益な遺伝子を見出し優れた品種を創出

品種改良   遺伝子組み換え作物   ゲノム編集   ダイズ

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

名古屋大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
土井一行 佐塚隆志 中園幹生 松岡信
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
服部束穂

岡山大学

農学部 総合農業科学科 応用植物科学コース
【 主な研究者 】
加藤鎌司

東京大学

農学部 応用生命科学課程 応用生物学専修
【 主な研究者 】
堤伸浩 伊藤純一 岩田洋佳
農学部 環境資源科学課程 フィールド科学専修
【 主な研究者 】
吉田薫
理学部 生物学科
【 主な研究者 】
平野博之

京都大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
那須田周平 奥本裕

北海道大学

農学部 生物資源科学科
【 主な研究者 】
阿部純 金澤章
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
貴島祐治 久保友彦

東北大学

農学部 生物生産科学科 植物生命科学コース
【 主な研究者 】
鳥山欽哉 伊藤幸博

神戸大学

農学部 資源生命科学科 応用植物学コース
【 主な研究者 】
石井尊生 山崎将紀 藤本龍
農学部 生命機能科学科 環境生物学コース
【 主な研究者 】
宅見薫雄

福井県立大学

生物資源学部 生物資源学科 分子生物学研究領域
【 主な研究者 】
岩崎行玄
生物資源学部 生物資源学科 植物資源学研究領域
【 主な研究者 】
村井耕二

その他の優れた大学

大学詳細

弘前大学

農学生命科学部 食料資源学科

イネ、ダイズ、リンゴなど地域の特色を生かしている。

茨城大学

農学部 地域総合農学科

富山大学

理学部 生物学科

ゴマ研究で有名な研究者が在籍。

岐阜大学

応用生物科学部 生産環境科学課程 応用植物科学コース

植物遺伝子発現の研究が活発である。

鳥取大学

農学部 生命環境農学科

【乾燥地農業】 乾燥地の農作物に関する研究で特色がある。

九州大学

農学部 生物資源環境学科 生物資源生産科学コース

【イネの遺伝育種学】 イネを大規模に栽培しており、多様な遺伝資源や突然変異系統ならびに実験系統群が保存されている。イネの生殖隔離、耐虫性で業績多数。卒業生に本関連分野で名を馳せている方が多い。

横浜市立大学

国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命環境コース

【コムギの遺伝育種学】 木原生物学研究所には、コムギやオオムギ、その他の植物の遺伝資源や実験系統群が保存されている。木原均博士の流れを汲むコムギの遺伝育種学的研究の拠点。

京都産業大学

総合生命科学部 生命資源環境学科

ミトコンドリア研究が活発。


海外で学ぶなら

大学詳細

Cornell University/コーネル大学(米)

School of Integrative Plant Science

【Genetics and Breeding】 伝統を有し、加えてゲノミックセレクションなどの先駆性を持つ。

University of California, Berkeley/カリフォルニア大学バークレー校(米)

Natural Resources

【Plant and Microbial Biology】 有名な先生が多数在籍している。

University of California, Davis/カリフォルニア大学デービス校(米)

Agricultural and Environmental Sciences

【Genetics and Breeding】 作物育種におけるアメリカのビッグサイエンスを体験するにはもってこいの大学。

中国水稲研究所(中)

イネ遺伝学の中核研究所

主な研究者

研究者詳細
久保友彦
北海道大学

農学部 応用生命科学科/農学院 生物資源科学専攻

【分子育種学、分子遺伝学】 植物の遺伝的改良を行う際に、細胞核と葉緑体およびミトコンドリアの相互作用がどのように花粉形成に影響するのか、メカニズムと進化の両面から明らかにする研究。
山田哲也
東京農工大学

農学部 生物生産学科/農学府 生物生産科学専攻

山崎将紀
神戸大学

農学部 資源生命科学科 応用植物学コース/農学研究科 資源生命科学専攻/食資源教育研究センター

【植物遺伝育種学】 日本やアジアで最重要穀物、イネを主な実験材料として研究。その多様な品種・系統を使い、さらに交配して作出した交雑系統群を田んぼで栽培し、病虫害抵抗性や収量を例とする農業上重要な形質を測定する。イネの形質を支配する遺伝子も探索。
宅見薫雄
神戸大学

農学部 生命機能科学科 環境生物学コース/農学研究科 生命機能科学専攻

【植物遺伝学】 コムギとその近縁種を材料に遺伝学的研究を行う。世界でも最も重要な作物の1つパンコムギは3つのゲノムを併せ持つ異質倍数体として知られる。異質倍数体とは2つの近縁種の間で雑種が生じ、染色体が倍加することで1つの核に2つの種に由来するゲノムを併せ持つようになった種のこと。そのユニークなゲノム構成を研究。学生への指導が丁寧と定評。
岩崎行玄
福井県立大学

生物資源学部 生物資源学科 分子生物学研究領域/生物資源学研究科 生物資源学専攻

【植物生化学】 イネに着目して、農業上、重要な遺伝子の探索やイネの機能向上を目指した研究。収量増大のカギを握るイネの種子形を決定する遺伝子の同定を行う。多数の粒形制御遺伝子の中で、3量体G蛋白質に着目した基礎研究に力を注いでいる。
村井耕二
福井県立大学

生物資源学部 生物資源学科 植物資源学研究領域/生物資源学研究科 生物資源学専攻

【植物遺伝育種学、植物発生遺伝学】 コムギが葉をつけ穂を作る生殖成長期への移行の際、どのような遺伝子が働き、穂の形が決定されるるのかを研究し、早生多収コムギ品種の開発を行なう。また雑草防除用リビングマルチコムギを開発、国内初のパスタ用のコムギ品種育成に向けた研究も開始。
加藤清明
帯広畜産大学

畜産学部 畜産科学課程 植物生産科学ユニット/畜産学研究科 畜産科学専攻

千田峰生
弘前大学

農学生命科学部 食料資源学科 食料バイオテクノロジーコース/農学生命科学研究科 農学生命科学専攻

風間智彦
東北大学

農学部 生物生産科学科 植物生命科学コース/農学研究科 応用生命科学専攻

岩田洋佳
東京大学

農学部 応用生命科学課程 応用生物学専修/農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻

【生物統計学、植物育種学】 作物に関する多様で大量の情報を遺伝的改良や栽培技術の向上に結びつけ、世界の人口爆発を解決する研究を行う。いわばビッグデータとコンピュータシミュレーションの育種学への利活用である。
有村慎一
東京大学

農学部 応用生命科学課程 応用生物学専修/農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻

中園幹生
名古屋大学

農学部 資源生物科学科/生命農学研究科 植物生産科学専攻

【作物の耐湿性、植物の湿害を低減させる研究】 イネが水田で普通に生育できるのはなぜか。また他の畑作物と比べ非常に高い耐湿性を持つ理由について解明する。作物の根の通気組織の解析を通して耐湿性の先進的研究を行う最先端学者。
芦苅基行
名古屋大学

農学部 資源生物科学科/生命農学研究科 植物生産科学専攻/生物機能開発利用研究センター

【植物育種学、イネの分子育種、イネの収量性とストレス耐性】 イネを使って様々な遺伝子を単離、利用して品種改良に取り組む。イネの有用遺伝子の単離でトップを走る世界を代表するイネの遺伝学者。
最相大輔
岡山大学

環境生命科学研究科 生物資源科学専攻/資源植物科学研究所

藤田大輔
佐賀大学

農学部 応用生物科学科 生物資源開発学講座/農学研究科 生物資源科学専攻

【植物育種学】 海外での研究が長く、専門は熱帯作物改良学だが、イネの品種改良にも取り組む。
辻寛之
横浜市立大学

国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命環境コース/生命ナノシステム科学研究科 生命環境システム科学専攻/木原生物学研究所

【フロリゲン】 花芽形成を誘導するシグナル物質で植物ホルモンのフロリゲンを発見した第一人者。1936年に提唱されてから約70年間その存在が確認されていなかったことから幻の植物ホルモンとも言われていた。
木下哲
横浜市立大学

国際総合科学部 国際総合科学科 理学系 生命環境コース/生命ナノシステム科学研究科 生命環境システム科学専攻/木原生物学研究所

手塚孝弘
大阪府立大学

生命環境科学域 応用生命科学類 植物バイオサイエンス課程/生命環境科学研究科 応用生命科学専攻

【雑種致死性の原因遺伝子の特定】 栽培種と野生種間の交雑後代を利用してDNAマーカーに基づく雑種致死原因遺伝子の特定を試みている。
肥塚信也
玉川大学

農学部 生産農学科 植物科学領域/農学研究科 資源生物学専攻

寺地徹
京都産業大学

総合生命科学部 生命資源環境学科/生命科学研究科 生命科学専攻

野々村賢一
総合研究大学院大学

生命科学研究科 遺伝学専攻/国立遺伝学研究所

【イネの生殖細胞の発生】 イネの変異体を使って減数分裂の分子メカニズムに迫っている。
内藤健
農業・食品産業技術総合研究機構

【植物育種学】 アズキを主に研究しており、品種改良にも積極的に取り組んでいる。
宇賀優作
農業・食品産業技術総合研究機構

【植物育種学】 イネの根について主に研究。海外でのイネ品種改良にも積極的に取り組んでいる。
経塚淳子
東北大学

理学部 生物学科/生命科学研究科 生態発生適応科学専攻

堤伸浩
東京大学

農学部 応用生命科学課程 応用生物学専修/農学生命科学研究科 生産・環境生物学専攻

松岡信
名古屋大学

農学部 資源生物科学科/生命農学研究科 植物生産科学専攻/生物機能開発利用研究センター

【植物分子遺伝学】 イネを使って様々な遺伝子を単離、利用して品種改良に取り組んでいる。またソルガムというアフリカ北東部が原産の大型イネ科作物を、食用のみならず現代社会が抱えるエネルギー環境問題など問題点を解決する切り札の作物になるのではないかと研究を進める。
丸橋亘
明治大学

農学部 農学科/農学研究科 農学専攻

【雑種致死性の原因染色体の特定】 染色体を欠損した栽培種の系統と野生型との間で交雑を行い、雑種致死の原因遺伝子が乗っている染色体領域を特定している。それによって雑種植物が生育の途中で遺伝的に致死してしまう原因を明らかにする。
山岸博
京都産業大学

総合生命科学部 生命資源環境学科/生命科学研究科 生命科学専攻

矢野昌裕
農業・食品産業技術総合研究機構

【植物分子育種学】 DNAを利用したイネの遺伝育種学の基礎を確立。

興味がわいたら

人が学ぶ植物の知恵

荻原勲、平沢正、福嶋司

植物の体の基本からはじまり、植物の生理作用、植物が放つ花の香り、子孫を残す受粉や遺伝子のしくみまで、植物の持っているさまざまな知恵を豊富なイラスト入りで解説する。著者は、園芸学、植生学、作物生態生理学の専門家たちの共同執筆による。 (東京農工大学出版会)


花の香りの秘密 遺伝子情報から機能性まで

渡辺修治、大久保直美

花の香りとは何か、どのように研究するのか、香りの役割とは、といった花の香りについての知識が網羅的にわかる。花の香りが生まれ、解き放たれるまでの精緻な仕組みを言葉豊かに表現しており、興味深い。 (フレグランスジャーナル社)


プラチナデータ

東野圭吾

人気ミステリー作家、東野圭吾の小説。DNA捜査によって検挙率100%、冤罪率0%をめざす近未来の日本を舞台に、警察庁特殊捜査機関の天才科学者と、それを追う刑事を描いた作品だ。遺伝学、ゲノム科学の興味がわく。『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化。二宮和也、鈴木保奈美主演。 (幻冬舎文庫)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ