土木環境システム

人々の暮らしの社会基盤を支える土木工学技術から発展、都市問題や地球環境問題の解決に挑む~環境工学や環境科学と密接につながる

下水処理   高度浄水処理   大気汚染対策   ゴミ   循環型社会

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 地球工学科 環境工学コース
【 主な研究者 】
藤川陽子 西村文武 伊藤禎彦 高岡昌輝 米田稔

北海道大学

工学部 環境社会工学科 環境工学コース
【 主な研究者 】
松下拓 木村克輝 松井佳彦 岡部聡 佐藤久

東北大学

工学部 建築・社会環境工学科 水環境デザインコース
【 主な研究者 】
李玉友 西村修 久保田健吾

東京大学

工学部 都市工学科 都市環境工学コース
【 主な研究者 】
片山浩之 古米弘明 中島典之 栗栖聖 味埜俊

山梨大学

生命環境学部 環境科学科
【 主な研究者 】
小林拓 西田継
工学部 土木環境工学科
【 主な研究者 】
原本英司

岐阜大学

工学部 社会基盤工学科
【 主な研究者 】
廣岡佳弥子 李富生 山田俊郎

北九州市立大学

国際環境工学部 エネルギー循環化学科
【 主な研究者 】
寺嶋光春 安井英斉

山形大学

農学部 食料生命環境学科 水土環境科学コース
【 主な研究者 】
渡部徹

群馬大学

理工学部 環境創生理工学科 社会基盤・防災コース
【 主な研究者 】
渡邉智秀 伊藤司

広島大学

工学部 第四類(建設・環境系) 社会基盤環境工学プログラム
【 主な研究者 】
大橋晶良 尾崎則篤

愛媛大学

工学部 環境建設工学科
【 主な研究者 】
渡辺幸三

東京工科大学

応用生物学部 応用生物学科 生命科学・環境コース
【 主な研究者 】
浦瀬太郎

その他の優れた大学

大学詳細

室蘭工業大学

工学部 建築社会基盤系学科 土木工学コース

【廃棄物埋立処分】 廃棄物埋立地のフィールド調査を優先的に実施し、埋立地の理論的解析を進めている。

千葉大学

工学部 総合工学科 都市環境システムコース

【大気エアロゾルの光学特性】 SKYNETという観測ネットワークを構築し大気エアロゾルのモニタリング観測を実施している。

東京工業大学

環境・社会理工学院 土木・環境工学系

【水環境工学】 開発途上国の水環境問題解決に向けての新しい環境管理技術を開発するための研究方法を学べる。

九州大学

工学部 地球環境工学科 建設都市工学コース

【下水道】 水素ガス利用および嫌気性処理。

滋賀県立大学

環境科学部 環境生態学科

【環境科学、生態学】 土木工学分野は含まれないが、環境汚染の観測やその低減技術を生態学的なアプローチで研究している。農地、森林、湖沼が近く、豊富な野外実習が用意された教育内容がユニークかつ実際的である。

東京理科大学

理学部第一部 物理学科

【大気エアロゾルの光学特性】 富士山をフィールドとして様々な切り口でエアロゾルの観測を実施している。

早稲田大学

創造理工学部 環境資源工学科

【越境大気エアロゾルの観測】 越境輸送をキーワードに大気エアロゾルの主に健康影響につながる観測を実施している。


海外で学ぶなら

大学詳細

Michigan State University/ミシガン州立大学(米)

理学部

【環境微生物学】 環境管理のための微生物利用技術の開発

主な研究者

研究者詳細

小林拓

山梨大学
生命環境学部 環境科学科/医工農学総合教育部 生命環境学専攻
【環境計測、大気科学、海洋光学】 日本の沿岸域の汚濁や気候に影響を与える大気中の微粒子の量や特性を、宇宙から地球を観測する衛星のリモートセンシングにより推定する。国境を越え越境輸送された大気中の微粒子を追いかけ光学的な特性を明らかにする。

西田継

山梨大学
生命環境学部 環境科学科/医工農学総合教育部 生命環境学専攻
【衛生工学の物理化学的浄水処理、環境工学の水汚染解析、森林水文学の流出解析、公衆衛生学の水系感染リスク解析】 森林から河川へ流出する有機炭素量の推定する研究では、温暖化の議論に不足する科学データを提供する。水田を含む流域全体の窒素の循環量の推定研究は、肥料や農業用水の適切な管理の方法を提案。開発途上国の水利用が健康に及ぼす影響度の推定する研究も。

中村寛治

東北学院大学
工学部 環境建設工学科/工学研究科 環境建設工学専攻
【環境保全工学】 環境汚染の原因物質を探り、微生物を使って無害化する研究。環境浄化細菌を環境中に放出すると捕食されてしまう。この難点を克服し、環境浄化のために放出された細菌が、汚染物の分解除去に活躍できる具体的な技術を探索する。

渡辺亮一

福岡大学
工学部 社会デザイン工学科/工学研究科 建設工学専攻
【水環境工学】 有明海の失われた干潟環境を修復し、再生する実証研究を行う。この研究の進展によって有明海で減少しているアサリ貝の漁獲量を増やし、最終的には昔のような豊かな有明海の再生を目指す。

柳瀬龍二

福岡大学
環境保全センター
【廃棄物工学、環境工学】 廃棄物を無害化するための長期実験を実施し、廃棄物埋立地の安全・安心を確保するための技術手法を研究。汚水処理施設の稼働などにかかる維持管理費用問題を改善し、廃棄物の適正処理を推進。また水銀廃棄物の埋立処分に関するあるべき手法を提案する。

入江仁士

千葉大学
理学部 地球科学科/融合理工学府 地球環境科学専攻/環境リモートセンシング研究センター
【大気環境リモートセンシング】 大気分野でリモートセンシングによる環境モニタリングを進めている。

近藤尚己

東京大学
医学部 健康総合科学科/医学系研究科 公共健康医学専攻
【病気の社会的要因】 地域のつきあいや社会格差など、住民の健康に影響する隠れた原因を解き明かす視点は幅広く鋭い。ハーバード大留学で技術と経験に磨きがかかった。

吉村千洋

東京工業大学
環境・社会理工学院 土木・環境工学系
【カンボジア/メコン水系の水質管理】 国際貢献、広域環境管理の開発手法などを研究する。

大手信人

京都大学
情報学研究科 社会情報学専攻
【生態系の栄養循環】 森林水文学から生態学や分析化学まで、幅広い知識と技術を吸収し自分の中で融合させている。最近の福島研究はその集大成。生態学琵琶湖賞受賞。

笠井利浩

福井工業大学
環境情報学部 環境・食品科学科
【雨水活用】 雨水活用による環境配慮型社会の構築に取り組む実践的研究。

平田修

福岡大学
環境保全センター
【廃棄物埋立地からの温室効果ガス対策】 長期にわたって実施している廃棄物の埋立実験(埋立10年間、20年間、30年間)の実験データから、温室効果ガスの発生予測とその対策を調査研究し、その一部は国連のUNFCCC(気候変動に関する国際連合枠組条約)のCDM(クリーン開発メカニズム)の新たな手法として認定されている。

西澤智明

国立環境研究所
【ライダーによる大気エアロゾル観測】 ライダーというパルスレーザー光を大気中に送信する装置を用いて、大気中のエアロゾルの光学特性の時空間変動に関する観測研究。エアロゾル地上リモートセンシング観測網による数値モデルの気候変動を予測する。

島谷幸宏

九州大学
工学部 地球環境工学科 建設都市工学コース/工学府 都市環境システム工学専攻
【河川工学】 水を媒介とした自然と人の営みが融合した川づくり、河川流域システムの第一人者。

興味がわいたら

水の科学

北野康

生きるために不可欠な水について、さらに深く知りたいと思うきっかけとなる本。水の誕生、生物や地球にとっての水の役割、水が関わる環境問題や水資源の危機について、幅広い事例と豊富なデータを紹介しながら解説されている。特に、物質としての水の性質が分子レベルで丁寧に説明されており、大気、土、生物の間を巡るダイナミックな流れと重要性を再発見するのに大いに役立つ。土木環境システムの分野で水環境の研究をしている研究者にも役立つ。また、科学書でありながら、深い予備知識がない人にも読みやすく書かれている。 (NHK出版)


オデッセイ

火星に一人取り残された主人公が、水や土を作ることに奮闘する。こうした場面をはじめ、創意工夫は科学の原点であることに気付かせてくれる。原作『火星の人』(アンディ・ウィアー著)と併せて見てほしい。 (リドリー・スコット:監督 マット・デイモン:主演)


地球・環境・人間II

石弘之

著者は、東京大学教授、ザンビア大使、国連環境計画顧問などを務めた環境学者。温暖化問題だけではなく、中国の水質汚染など世界の環境汚染地域、途上国に押し付ける電子廃棄物の問題など、広範囲にわたる重要テーマを、データ分析も交えて解説する。 (岩波科学ライブラリー)


微生物ってなに? もっと知ろう!身近な生命

日本微生物生態学会教育研究部会

微生物は「生態系の掃除屋(生態系の分解者)」だ。地域環境や地球環境を社会基盤工学の観点から研究する学問領域「土木環境システム」では、地球にいるいろいろな微生物の能力を見つけ出し、それを環境保全のために活用する技術も研究している。本書では、もっと微生物とうまく共存し、もっと微生物をうまく活用するにはどうしたらよいかわかる。遺伝子レベルでも微生物のそのような能力を探し出すことができるが、どのように微生物の能力を見つけ出せるのかなども書かれている。 (日科技連出版社)