環境材料・リサイクル

再生可能の木材から省エネ材料を取り出すバイオマス技術など、地球環境にやさしい材料を開発。一方、環境学への応用化学としてリサイクル技術を開発し、廃棄物・ごみを回収し循環、再利用

都市鉱山   レアメタル   生分解性プラスチック・バイオプラスチック(植物から作られる樹脂)   燃料電池   ゼロエミッション

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

東北大学

工学部 機械知能・航空工学科 機械システムコース
【 主な研究者 】
佐藤一永
工学部 化学・バイオ工学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
吉岡敏明

大阪大学

工学部 環境・エネルギー工学科
【 主な研究者 】
池道彦

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 環境工学コース
【 主な研究者 】
張振亜

群馬大学

理工学部 化学・生物化学科
【 主な研究者 】
網井秀樹

徳島大学

生物資源産業学部 生物資源産業学科 応用生命コース
【 主な研究者 】
中村嘉利

宮崎大学

工学部 環境応用化学科
【 主な研究者 】
馬場由成

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
松本謙一郎

山形大学

理学部 理学科 化学コース
【 主な研究者 】
大谷典正

横浜国立大学

理工学部 化学・生命系学科 化学応用教育プログラム
【 主な研究者 】
松宮正彦

信州大学

工学部 水環境・土木工学科
【 主な研究者 】
清野竜太郎

岡山大学

環境理工学部 環境物質工学科
【 主な研究者 】
木村邦生

九州大学

工学部 エネルギー科学科 エネルギー物質工学コース
【 主な研究者 】
伊藤正人 永長久寛

鹿児島大学

工学部 先進工学科 化学工学プログラム
【 主な研究者 】
中里勉

関西大学

環境都市工学部 エネルギー・環境工学科
【 主な研究者 】
村山憲弘 中川清晴

その他の優れた大学

大学詳細

岩手大学

理工学部 物理・材料理工学科 マテリアルコース

【材料工学の視点からのリサイクル】

千葉大学

工学部 総合工学科 都市環境システムコース

【環境・エネルギー・資源】 「都市環境」に関わる総合的、かつ、工学的アプローチを目指しているのが特徴。

東京大学

工学部 都市工学科 都市環境工学コース/システム創成学科 環境・エネルギーシステムコース/化学システム工学科

【中間処理、公衆衛生】 学内の環境安全研究センターは、学内の実験廃棄物の処理業務を踏まえて、実際的な廃棄物の処理の技術開発を担う。森口祐一先生は、持続可能な資源管理に係わるUNEP「国際資源パネル」の日本代表を務めたこともある循環型社会学の第一人者。このほか、平尾雅彦先生は化学システムとして製品のリサイクルを扱うなど、東京大は循環型社会学を幅広い観点から学ぶことができる。

東京大学

工学部 マテリアル工学科/システム創成学科 知能社会システムコース

【材料工学、システム工学】 言わずもがな日本の都市鉱山研究のメッカ。

名古屋大学

工学部 環境土木・建築学科

【中間処理・リサイクル、LCA】 伝統的にリサイクル、廃棄物管理への化学アプローチに強い。片山新太教授のリサイクル化学や有害物質管理研究は特筆もの。大学院の環境学研究科では、LCA(ライフサイクルアセスメント)として廃棄物の流れを社会工学的な立場から研究している。

京都大学

工学部 地球工学科 環境工学コース

ゴミの発生抑制や、市民参加の社会システム作りの重要性にいち早く着目し、現在のゴミ問題研究をリードし続けてきたパイオニア。ほかにも廃水処理や環境汚染物質問題、地球温暖化など環境問題に取り組むグループがある。研究を通して他分野の科学者や国家、企業そして社会全体に示唆を与え続け、現場の問題をたえず吸収しようとする姿勢も強い。経済学部や農学部の関連分野の講義を聞く機会も多く、学際的、総合的な学問であるゴミ問題の研究には、うってつけの環境だ。物理工学科などでも環境材料の研究が行われている。

滋賀県立大学

環境科学部 環境政策・計画学科

【中間処理・リサイクル、処分地問題】 文系・理系の枠を超えて廃棄物問題を幅広く学ぶことができる。自然環境に配慮した、美しいキャンパスも魅力。

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 化学工学課程

【リサイクル工学、バイオプロセス】

北九州市立大学

国際環境工学部 エネルギー循環化学科 環境プロセス分野

【リサイクル工学】

早稲田大学

創造理工学部 環境資源工学科

【資源循環・分離】

大阪工業大学

工学部 環境工学科

【ごみ分析】 京都大から移った有害有機化合物研究の渡辺信久先生のもと、伝統的な環境工学を核に教育研究をしている。福岡雅子先生も、歴史ある京大の廃棄物研究の出身。

主な研究者

研究者詳細

新しいナノ炭素材料の開発に挑む~省エネ、環境保全に役立てる

中川清晴
関西大学
環境都市工学部 エネルギー・環境工学科/理工学研究科 環境都市工学専攻

スマホやタブレット、電気自動車のリチウムイオン電池に炭素材料が電極として使われています。もともと炭素材料は軽量、高強度、高い熱伝導・電気伝導性などの優れた特性を・・・

興味がわいたら

ナノ材料のリスク評価のおはなし

篠原直秀

私たちの社会や生活を豊かにしてくれるナノ材料。ナノ材料は、たとえ同じ組成の物質であっても、大きさ、形状、帯電状態などの多様性を有しており、それらが応用される状況も様々だ。一方、ナノ材料が環境や健康に対して負の影響を及ぼすことが懸念されており、ナノ材料の潜在的なリスクを正しく評価・予測することができて初めて、その優れた機能や特性を私たちが安心して活用することができる。本書では、ナノ材料の基礎的な情報から有害性についての研究紹介、リスク管理、今後の課題などについて述べている。ナノリスクに関する国際的な取り組みも紹介されている。 (日本規格協会)


カーボン 古くて新しい材料

稲垣道夫

炭素材料を、「身近なもの」「工業的に使用されているもの」「可能性を秘めているもの」「炭素材料の多様性」と分類して紹介。水環境浄化材料に使われている炭素材料の合成法や歴史について解説されている。解説には図表を多用しわかりやすい表現で書かれているため、専門以外の方にも読める。 (森北出版)


トコトンやさしい再生可能エネルギーの本

石原顕光:著

人間が作り出してきた物質文明は、私たちの生活を豊かにしてきた半面、それを支えてきた化石資源は限りあるものだ。この本は、化石資源の替わりとなる再生可能エネルギーに光をあて、多くの絵を使用しながら、わかりやすく説明している。 (太田健一郎:監/日刊工業新聞社)


アポロ13

事故により月面着陸を果たせなかった宇宙船「アポロ13号」の実話を描いた、トム・ハンクス主演映画。司令船の炭酸ガス除去装置が壊れたとき、人間は生きていく上で周りの環境を汚してしまうが、汚れた環境では人間は生きていけないということを実感するだろう。 (ロン・ハワード:監督 トム・ハンクス:主演)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、経済産業省の大学・産学連携、および内閣府/総合科学技術・イノベーション会議の調査事業の一環として、企画・制作・運営されています。
各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ