園芸科学

園芸作物の美しさ、美味しさを追究し、果物、野菜、観賞用の花の品種改良や生産法などを開発

遺伝子組み換え   植物工場   園芸ロボティクス   園芸療法

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
土井元章
農学部 森林科学科
【 主な研究者 】
深町加津枝

東京大学

農学部 環境資源科学課程 フィールド科学専修
【 主な研究者 】
大黒俊哉
農学部 環境資源科学課程 緑地環境学専修
【 主な研究者 】
柴田道夫

北海道大学

農学部 生物資源科学科
【 主な研究者 】
星野洋一郎 鈴木卓 山岸真澄

千葉大学

園芸学部 園芸学科 栽培・育種学プログラム
【 主な研究者 】
三吉一光 近藤悟
園芸学部 緑地環境学科 環境健康学プログラム
【 主な研究者 】
岩崎寛

筑波大学

生命環境学群 生物資源学類 農林生物学コース
【 主な研究者 】
江面浩 菅谷純子 松倉千昭

名古屋大学

農学部 資源生物科学科
【 主な研究者 】
白武勝裕
農学部 応用生命科学科
【 主な研究者 】
森仁志

香川大学

農学部 応用生物科学科 生物生産科学コース
【 主な研究者 】
深井誠一 別府賢治 片岡郁雄 鳴海貴子 柳智博

岡山大学

農学部 総合農業科学科 応用植物科学コース
【 主な研究者 】
中野龍平 牛島幸一郎 久保康隆

その他の優れた大学

大学詳細

広島大学

総合科学部 総合科学科 総合科学プログラム

【鮮度保持学】 青果物の軟化と食感の物理的測定法に関する研究。

山口大学

農学部 生物資源環境科学科

【生産環境学】 ストレス処理による園芸作物の品質保持とその機構解明に関する研究。

東京農業大学

農学部 デザイン農学科

【植物介在療法】 4年生私立大学では珍しく園芸療法を学ぶコースがある。

主な研究者

研究者詳細
岩崎寛
千葉大学
園芸学部 緑地環境学科 環境健康学プログラム/園芸学研究科 環境園芸学専攻

【園芸療法、園芸福祉、病院緑化、環境健康学】花や野菜を栽培する園芸作業を通して、心身の健康の回復を図る「園芸療法」や地域の高齢者等の健康維持を目的とした「園芸福祉」研究を行う。地域住民全体の健康をよくする地域ケアを目指す。

荻原勲
東京農工大学
農学部 生物生産学科/農学府 生物生産科学専攻

【園芸科学】果樹栽培において、1年に2回収穫する二期成り法と、連続開花結実法という高収化技術を開発。ブルーベリーをモデル果樹として、春夏秋冬の四季の栽培室を作り、それぞれの部屋の環境を制御、鉢が移動して四季を体験させ、周年栽培が可能となる植物工場を建設した。

菅谷純子
筑波大学
生命環境学群 生物資源学類 農林生物学コース/生命環境科学研究科 生物資源科学専攻

【温帯落葉果樹休眠芽の代謝制御―低温シグナルの機能に関する研究】冬春はビニールハウス等で温度を調節して育てる促成栽培により冬に出荷し、夏秋は夏季に出荷する作物を「四季成り」という。花芽分化後の休眠は開花と関連していることから、休眠のメカニズムの解析によって四季成りのメカニズムを解明する。

柳智博
香川大学
農学部 応用生物科学科 生物生産科学コース/農学研究科 生物資源生産学専攻

【イチゴ系統の収量特性の解明と関与する遺伝子の同定】イチゴにも四季成りがある。4時間日長で花芽分化するイチゴ系統の収量特性の解明することにより、四季成りを促す花芽形成の分子レベルでの解析および環境応答について研究している。

山本聡
兵庫県立大学
緑環境景観マネジメント研究科 緑環境景観マネジメント専攻/自然・環境科学研究所

【ランドスケープ】緑景観と人のストレスに関する研究をする。

飯島健太郎
東京都市大学
環境学部 環境創生学科/環境情報学研究科 環境情報学専攻/総合研究所

【公衆衛生】緑と公衆衛生の関係を研究している数少ない研究者。

神崎真哉
近畿大学
農学部 農業生産科学科/農学研究科 農業生産科学専攻/附属農場

【マンゴーの花成誘導を制御する分子機構の解明】果樹の花芽分化の制御因子を分子レベルで解析している。

浅野房世
東京農業大学
農学部

【園芸療法】園芸療法学会の会長

土橋豊
東京農業大学
農学部 デザイン農学科

【人間植物学】人間・植物関係学会の会長

興味がわいたら

「環境と福祉」の統合 持続可能な福祉社会の実現に向けて

広井良典:編

環境と福祉という一見違う専門分野を扱うが、それらを一緒に考えることで、社会で起こっている問題を考えるきっかけなっている。「環境と福祉」の統合への向けた緑の社会政策の章から、園芸科学という学問の中で扱われる園芸療法、園芸福祉を述べた「緑地福祉学の構想と実践」という章まで、様々な角度からで紹介されている。違う分野を一緒に学ぶ「学際」という視点を養うことができるだろう。 (有斐閣)


植物の不思議な力=フィトンチッド 微生物を殺す樹木の謎をさぐる

B.P.トーキン、神山恵三

フィトンチッドとは、微生物の活動を抑制する作用をもち、樹木などが発散する化学物質のこと。植物が傷つけられた際に放出し、殺菌力を持つ揮発性物質のことをいう。森林浴はこれに接して健康を維持する方法として知られている。この本は、植物がなぜ癒やし効果があるのかを、簡単な実験から説明してあり、フィトンチッドが基礎的な部分やその歴史から学べる。 (ブルーバックス)


植物改良の原理

鵜飼保雄、藤巻宏

理学、工学、心理学などに強い出版社、培風館がシリーズで出している「ライフサイエンス教養叢書」のひとつで、育種技術の基本的な原理がわかりやすく解説されている。ほかにライフサイエンス教養叢書からは、「植物改良への挑戦 メンデルの法則から遺伝子組換えまで」「♂(おす)と♀(めす)のはなし」「日本人の遺伝」など多数出ている。 (培風館)


植物で未来をつくる

松永和紀

植物科学分野の研究者へのインタビューに基づき、植物のゲノムや遺伝子に関する研究の実例や成果をわかりやすく解説している。毎回違ったサイエンスライターが植物科学の研究者たちを訪ね、植物研究の面白さをレポートする全5冊の「まるかじり叢書シリーズ」の1冊。 (化学同人)


みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ