持続可能システム

人類の活動の影響を最小限におさえた物質循環のできる社会システムを数理的に設計、化学の力で枯渇しないエネルギーを開発し、政治経済・人文学も加わりトータルに持続可能な社会を創る

再生可能エネルギー   バイオマス   地球サミット   太陽電池   温室効果ガス

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

既存の太陽電池より超薄膜、高効率~「化合物・酸化物太陽電池」開発をめざす

伊﨑昌伸 先生
豊橋技術科学大学 工学部 機械工学課程 材料・生産加工コース/工学研究科 機械工学専攻 電気・電子情報工学専攻兼担

記事を読もう

河川のDNAからアユの数がわかる~「環境DNA」を用いた河川モニタリングの開発

赤松良久 先生
山口大学 工学部 社会建設工学科/創成科学研究科 建設環境系専攻/環境DNA研究センター

記事を読もう

環境の「量」を知ることが環境問題解決の第一歩

後藤尚弘 先生
東洋大学 情報連携学部 情報連携学科/情報連携学研究科 情報連携学専攻

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Université Pierre-et-Marie-Curie/ピエール・エ・マリ・キュリー大学(仏)

理学部

【化学熱力学】 溶液化学反応を用いた半導体材料と太陽電池などの素子に関する研究を行っている。

学問をもっと深く知るために

[循環型社会工学]
自然搾取型文明にあって、持続可能な解を模索する壮大な実験の学問

[リサイクル工学/システム工学]
「都市鉱山」からの発掘こそ、 次世代の資源・リサイクル工学

松野泰也 先生
千葉大学 工学部 都市環境システム工学科

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ