関心から学問・大学をみつける

17.化学・化学工学


この領域はこんなに広い。興味がわいたら、さらにみてみよう。

67.物理化学、分子デバイス化学(液晶、光触媒等)
5201
物理化学
熱力学、複雑現象を統計的に解く力学、原子・分子のミクロ世界を解く物理学の法則を用い、物質の化学的な性質、構造をときあかす~理学に基づいた化学の基礎中の基礎

熱力学 統計力学 量子力学 構造・物性・反応 量子ドット

学べる学問・大学へ 関連する本へ
4906
生物物理・化学物理・ソフトマターの物理
生物・化学と物理学を組み合わせた方法で生命の営みを調べ、生体高分子、コロイド、膜、界面活性剤など “柔らかい物質”の性質を工学技術でときあかす

生体高分子 コロイド 細胞膜 界面活性剤 レオロジー

学べる学問・大学へ 関連する本へ
5404
デバイス関連化学
おもに有機物・有機化合物を使って、トランジスタ、発光ダイオード、太陽電池に代表される有機半導体デバイスを開発する~電気電子工学につながる応用化学

有機半導体 有機薄膜太陽電池 半導体デバイス 発光ダイオード 有機EL

学べる学問・大学へ 関連する本へ
68.有機化学、合成化学(薬設計の技術)
5202
有機化学
生物界にだけ存在する有機物を、炭素原子同士を自由自在につなぐ化学的な合成法で人工的につくり、高機能な新しい有機化合物として役立てる~化学の重要な基礎の1つ

有機物 有機化合物 有機半導体 有機EL 有機触媒

学べる学問・大学へ 関連する本へ
5302
合成化学
有機、無機にこだわらず工業化のためにいかに効率よく短工程で有用な物質をつくりだせるかをめざし、新しい反応や合成方法の開発を行う~試薬、医薬品から合成洗剤まで

合成洗剤 生理活性天然物の化学合成 遷移金属錯体触媒を用いた新合成手法の開発 副作用の少ない抗ガン剤の合成・開発 有機合成化学

学べる学問・大学へ 関連する本へ
7801
化学系薬学
薬効成分のある化合物を探索、化学反応過程のメカニズムをときあかし化学合成し、薬を創出する

有機化学 合成化学 不斉合成 生態関連物質 天然物化学

学べる学問・大学へ 関連する本へ
5303
高分子化学
小さな分子を結合させ、さまざまな性能や機能をもった巨大分子=高分子ポリマーをつくる ペットボトルから最先端医療材料まで~工学系の応用化学

ペットボトル プラスチック 重合 高分子ポリマー セルロースナノファイバー

学べる学問・大学へ 関連する本へ
5402
高分子・繊維材料
有機化合物のプラスチック、無機化合物の繊維、ゴムという高分子三大材料の材料化学

ポリマー ゴム 炭素繊維 天然ゴムはなぜ強いのか エコタイヤ

学べる学問・大学へ 関連する本へ
2501
生物分子化学
生物を形作る分子と人工の化学物質の間で働く反応を調べることで、新しい生理活性物質を見つけだし生命現象の新たな謎をときあかす~天然物をさがす有機化学

生物が生成する、薬になる成分など、有用な有機化合物の研究(天然物化学) 生物活性物質の探索 生物活性物質の設計・全合成 生体分子の化学修飾による機能の変化 生物が作り出した物質の解析

学べる学問・大学へ 関連する本へ
7104
生物有機化学
生体内に存在する有機化合物で生理活性の著しいものを探し、医薬品などへの応用をめざす。天然物化学とも言う

生物活性物質 植物ホルモン 天然物化学(生物が生産する物質) 有機合成 生合成

学べる学問・大学へ 関連する本へ
7805
天然資源系薬学
動植物や微生物などに含まれる天然資源から、生物活性の作用に優れた薬効成分を探索、医薬品の開発に役立てる

生薬 漢方薬 食品中の薬効成分 生合成 フラボノイド

学べる学問・大学へ 関連する本へ
69.無機化学(錯体等)
5203
無機化学
「周期表」に出てくる炭素以外の元素を使って無機化合物をつくり、電池、磁石、塗料など生活に役立つ有用な物質へのつくりかえや新材料の開発に役立てる~化学の重要な基礎の1つ

周期表 電池 磁石 塗料 遷移金属触媒

学べる学問・大学へ 関連する本へ
70.分析化学(スペクトル、クロマトグラフィ)
5304
分析化学
サンプル試料中の化学成分を検出・分離・特性を調べることで、物質の基本的な化学情報を得る~環境問題に貢献する化学 

分離化学 溶液化学 錯体化学 分析化学 質量分析

学べる学問・大学へ 関連する本へ
7802
物理系薬学
薬を物理的に服用しやすい形に設計する一方、患者の病気診断イメージング技術や新しい生体内の薬物輸送システムを開発

製剤学 薬の分子設計 薬物の受容体 ドラッグデリバリー 同位体

学べる学問・大学へ 関連する本へ
71.化学工学、プロセス工学
6001
化工物性・移動操作・単位操作
実際の化学工業の過程で、まず材料の化学物質の性質を、次に熱の移動など化学装置での反応を、さらに生成物の分離・生成を調べ、各プロセス単位をくみあわせ高効率な製造プロセスをつくる

化学平衡 熱の移動 膜 イオン交換 薄膜

学べる学問・大学へ 関連する本へ
6002
反応工学・プロセスシステム
反応工学は、環境負荷やエネルギー消費を最小化する化学反応装置を設計 プロセスシステムは、工場の製造プロセス全体を数理モデル化し、最適なシステムを設計~情報数理とつながる化学工学

反応する物質の分布や拡散モデルなどを解析し、化学反応を操作 超臨界流体(気体と流体の区別がつかない物質の状態)の化学反応の操作 新規反応場(化学反応を起こす環境)の開発 省エネ・省資源化した化学反応プロセス技術  製造プロセスシステムの設計

学べる学問・大学へ 関連する本へ
6003
触媒・資源化学プロセス
エネルギーを高効率に使いやすい形に変換する過程で必須の“触媒”を開発 また環境汚染物質をできる限り低減した資源化学プロセスをつくる~環境学とつながる化学工学

二酸化炭素排出を抑制し廃棄物を出さなくする触媒 自動車の排気ガス浄化触媒 環境汚染物質を低減した資源化学プロセス 太陽光を利用した水分解による水素製造 人工光合成

学べる学問・大学へ 関連する本へ