反応工学・プロセスシステム

「反応工学」は、環境負荷やエネルギー消費を最小化する化学反応装置を設計。「プロセスシステム」は、工場の製造プロセス全体を数理モデル化し、最適なシステムを設計~情報数理とつながる化学工学

超臨界流体   触媒反応工学   水素エネルギー   低炭素化社会

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

京都大学

工学部 工業化学科 化学プロセス工学コース
【 主な研究者 】
牧泰輔 河瀬元明 佐野紀彰 前一廣 中川浩行

北海道大学

工学部 応用理工系学科 応用化学コース
【 主な研究者 】
荻野勲 向井紳

東北大学

工学部 化学・バイオ工学科 化学工学コース
【 主な研究者 】
久保正樹 阿尻雅文 北川尚美

九州大学

工学部 化学工学科
【 主な研究者 】
柘植義文 岸田昌浩

東京大学

工学部 化学システム工学科
【 主な研究者 】
脇原徹 杉山弘和 大久保達也
工学部 マテリアル工学科
【 主な研究者 】
霜垣幸浩

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
山口猛央

大阪大学

基礎工学部 化学応用科学科 化学工学コース
【 主な研究者 】
平井隆之 白石康浩 西山憲和

大阪府立大学

工学域 物質化学系学類 化学工学課程
【 主な研究者 】
綿野哲 武藤明徳 齊藤丈靖 岩﨑智宏
現代システム科学域 環境システム学類 環境共生科学課程
【 主な研究者 】
興津健二

静岡大学

工学部 化学バイオ工学科 環境応用化学コース
【 主な研究者 】
福原長寿

その他の優れた大学

大学詳細

東京農工大学

工学部 化学物理工学科

【晶析工学】 教育が丁寧であり、かつ化学工学で重要な晶析技術に関して多くの研究成果を挙げている。

山口大学

工学部 循環環境工学科

【膜分離技術】 膜分離技術の研究者が多く在籍しており、重要な膜技術の研究拠点である。

活躍する研究者

化学を社会に輝かせる!~現象解析と工学応用の化学工学~

外輪健一郎 先生
京都大学
工学部 工業化学科 化学プロセス工学コース/工学研究科 化学工学専攻

化学はプラスチックや半導体などの付加価値の高い物質を生み出して生活を便利にするだけでなく、環境問題やエネルギー問題といった課題の解決に大きく貢献できる学問です。・・・

高性能な磁性ナノ粒子を低コストで合成~がんの温熱療法に役立てる

岩﨑智宏 先生
大阪府立大学
工学域 物質化学系学類 化学工学課程/工学研究科 物質・化学系専攻 化学工学分野

「反応工学・プロセスシステム」の分野は、物質を合成するための化学反応を、経済的で効率良く、環境にやさしい条件で行うために、反応装置の設計や最適化を行い、さらに、・・・

福原長寿 先生
静岡大学
工学部 化学バイオ工学科 環境応用化学コース/総合科学技術研究科 工学専攻

【触媒化学、触媒反応工学】クリーンなイメージのある水素は、多くが化石燃料を燃やして製造される。CO2を排出しない水素製造のために、水の電気分解のような方法で効率的に水素を取り出す触媒化学反応システムの開発を行う。

興味がわいたら

トコトンやさしい触媒の本

触媒学会:編

私たちのくらしの中では触媒材料がいたるところで働いているが、「これが触媒だ!」とはっきりと目にふれることはあまりないのが現実だ。触媒は、「縁の下の力持ち」の機能性材料だ。触媒がないと豊かな私たちのくらしは維持できない。本書は、触媒とは何かについて、平易に解説。触媒の機能性について,身近な例をあげて具体的に紹介している。 (日刊工業新聞社)


はじめて学ぶ化学工学

草壁克己、外輪健一郎

化学工学は化学物質を効率的に製造するための学問分野だが、化学産業だけでなく食品や鉄鋼、自動車をはじめとする幅広い産業分野で非常に重要なものだ。本書では、身近な現象を例にとって化学工学の基礎となる項目を分かりやすく解説しており、高校生にも理解できるだろう。この本を通じ、大量の薬品を合理的に加熱、混合したうえで反応させる方法、さらに反応後の混合物から目的の物質を高い純度で取り出すための技術に対する理解が深まり、化学工学に興味を持ってもらえると嬉しい。 (丸善出版)


化学 モノづくり動画

塩、鉄、合成ゴム、ポリエチレンや光触媒など、いくつもの物質について、具体的な製造プロセスの解説が動画で見られる。単純な物質でも、多様な工夫を凝らした装置で製造されていることがよく分かるだろう。動画の内容をまとめた簡単なレジュメ付き。 (化学工学会)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ