無機化学

「周期表」に出てくる炭素以外の元素を使って無機化合物を作り、電池、磁石、塗料など生活に役立つ有用な物質への作り変えや新材料の開発に役立てる~化学の重要な基礎の1つ

磁石   塗料   金属錯体   燃料電池   ハロゲン化合物

こんな研究をして世界を変えよう

メタン酸化電池
太陽光とバイオガスから持続可能な電池を開発

松本崇弘 先生
九州大学 工学部 物質科学工学科(工学府 物質創造工学専攻)

触媒
メタン利用の壁を超える、優秀な触媒を探せ

石塚智也 先生
筑波大学 理工学群 化学類(数理物質科学研究科 化学専攻)

学べる大学は?

研究をリードする大学

大学詳細

九州大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
佐藤治 山内美穂 大場正昭 酒井健
工学部 応用化学科
【 主な研究者 】
小江誠司 久枝良雄

東京大学

教養学部 統合自然科学科 物質基礎科学コース
【 主な研究者 】
内田さやか 平岡秀一
理学部 化学科
【 主な研究者 】
塩谷光彦

京都大学

理学部 理学科 化学系
【 主な研究者 】
北川宏 吉村一良
工学部 工業化学科 工業基礎化学コース
【 主な研究者 】
陰山洋

大阪大学

理学部 化学科 化学専攻Aコース
【 主な研究者 】
篠原厚 山口和也 中野元裕 今野巧 舩橋靖博
理学部 化学科 高分子科学専攻
【 主な研究者 】
岡村高明
工学部 応用自然科学科 応用化学科目
【 主な研究者 】
伊東忍 杉本秀樹 林高史

東北大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
高石慎也 坂場裕之 宮坂等

北海道大学

理学部 化学科
【 主な研究者 】
加藤昌子 分島亮

東京工業大学

物質理工学院 応用化学系
【 主な研究者 】
小坂田耕太郎 吉沢道人 穐田宗隆
物質理工学院 材料系
【 主な研究者 】
松石聡
理学院 化学系
【 主な研究者 】
川口博之 石谷治

筑波大学

理工学群 化学類
【 主な研究者 】
二瓶雅之 小島隆彦
理工学群 物理学類
【 主な研究者 】
守友浩

金沢大学

理工学域 物質化学類 化学コース
【 主な研究者 】
秋根茂久 林宜仁 横山明彦 古舘英樹

その他の優れた大学

大学詳細

奈良女子大学

理学部 化学生物環境学科 化学コース

錯体化学を専門とする教員が多数在籍し、専門的な授業を行っている。少数教育の利点を活かし、きめの細かい対応を可能としている。

総合研究大学院大学

物理科学研究科 構造分子科学専攻 /分子科学研究所

大学院大学なので、様々な出身大学の仲間が集っている。


海外で学ぶなら

大学詳細

University of California/カリフォルニア大学(米)

活躍する研究者

中島隆行 先生
奈良女子大学
理学部 化学生物環境学科 化学コース/人間文化総合科学研究科 化学生物環境学専攻

【錯体化学、触媒化学】複数の金属イオンにより促進される金属錯体の触媒反応の開発に取り組む。触媒の効率を向上させることや、簡便に合成できるルートを開発することによって、エネルギー消費量の少ない触媒反応の開発を目指す。

松尾司 先生
近畿大学
理工学部 応用化学科/総合理工学研究科 物質系工学専攻

【元素化学】周期表にある様々な元素を従来にないかたちで結合させ、優れた機能を持つ新しい物質を作り出す研究。自然界に豊富に存在するケイ素やアルミニウム、鉄などのありふれた元素から新しい物質・材料を作り出そうとしている。

桑田繁樹 先生
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【新概念に基づく金属錯体触媒の開発】地球上に豊富に存在する水素、酸素、水、窒素、二酸化炭素などの小分子を元素源として活用する合成プロセスの開発を行っている。

村橋哲郎 先生
東京工業大学
物質理工学院 応用化学系

【一次元金属鎖錯体の研究】金属イオンを一次元に配列させた錯体の合成研究。合成例が非常に少なく、ナノテクノロジーにおける分子デバイスの観点から興味が持たれる。

大木靖弘 先生
名古屋大学
理学部 化学科/理学研究科 物質理学専攻

【金属酵素活性中心の人工構築と機能再現】窒素分子をアンモニアに還元する酵素の活性中心を人工的に構築し、その機能を解明する。現代化学工業の主流のハーバーボッシュ法に代わる温和な条件下でのアンモニア合成法の開発は、学術的、実用的にも非常に重要な研究課題である。

竹本真 先生
大阪府立大学
生命環境科学域 理学類 分子科学課程/理学系研究科 分子科学専攻

【遷移金属アミドクラスターの化学】有機化学における炭素-炭素結合形成反応とは対照的に、制御の困難な金属-金属結合形成反応による異種金属クラスターの合成と機能開発を行う。

島隆則 先生
理化学研究所

【窒素分子の活性化反応】分子内の隣接した位置に複数の金属中心を持つ多核金属クラスター上で、窒素分子の還元反応研究を行っている。

興味がわいたら

よくわかる元素図鑑

左巻健男、田中陵二

この世界は元素でできている! 本書は、周期表にある様々な元素の形状や性質、さらには人類社会への貢献や製品となったものについて紹介。写真は、WEBサイト「結晶美術館」(https://sites.google.com/site/fluordoublet/)管理人・田中陵二氏によるもので、実に美しい。 (PHP研究所)


一家に1枚周期表

「自然も暮らしもすべて元素記号で書かれている」がキャッチフレーズの周期表。身近な元素(アルミホイル、骨=カルシウム)や科学技術を担う元素(ケイ素の太陽電池、ガリウムの青色発光ダイオード)など、元素の用途や性質が一目でわかる楽しいポスターだ。文部科学省のサイトからダウンロードしよう。 (文部科学省)


決定版 感動する化学 未来をひらく化学の世界

日本化学会編

現代社会は、科学技術の進歩により大きな恩恵を受けている。その中でも、物質を取り扱う「化学」は科学技術の中核として大きな役割を果たしている。本書では、現代社会にある実際の製品を紹介しつつ、化学との関わりを説明している。高校生の教科書に沿うような順番で、86の項目を見開きで紹介。わかりやすい構成だ。化学と社会との結びつきを理解することで、高校の化学にも興味を持ってほしい。 (東京書籍)


錯体のはなし

渡部正利、山崎昶、河野博之

錯体とは、金属イオンのまわりに分子やイオンが結合したものであり、化学工業や医薬品の分野など広く活躍しているが、残念ながらあまり知られていない。この本では、錯体の発見の歴史から身の回りにある錯体の例などを紹介。高校生にも理解しやすい内容だ。 (米田出版)


本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ