数学基礎・応用数学

数学基礎=数学という言語の成り立ちの基礎を探り、哲学の論理学につながる学問。そこから応用数学が発展、コンピュータを使い複雑な自然・社会現象理解のため近似解・最適解を計算する

離散数学   グラフ理論   数値解析   統計学   ウェブ解析

のぞいてみよう!この学問

こんな研究で世界を変える!〜最新研究を読もう

カオス
気象や経済の突発的な現象を数学で理解し、予測する

齊木吉隆 先生
一橋大学 商学部 商学科/経営管理研究科 経営管理専攻

記事を読もう

生物流体
流体数理の顕微鏡で生命を見る
細胞スケールでは水はハチミツ状に。その流れを方程式で解く

石本健太 先生
京都大学 理学研究科 数学・数理解析専攻/数理解析研究所

記事を読もう

素数年に一度の周期でしか地上に現れないセミの不思議な現象を、数学で探究

今隆助 先生
宮崎大学 工学部 工学科/工学研究科 工学専攻/工学基礎教育センター

記事を読もう

シマウマの模様や体組織の形成、自然に形づくられる「模様」の謎に数学で挑戦

出原浩史 先生
宮崎大学 工学部 工学科/工学基礎教育センター

記事を読もう

不整脈のメカニズムを「微分」する

二宮広和 先生
明治大学 総合数理学部 現象数理学科/先端数理科学研究科 現象数理学専攻

記事を読もう


海外で学ぶなら

大学詳細

Arizona State University/アリゾナ州立大学(米)

数学科

【数理生物学】 生物現象の数理モデル化やその厳密な数学解析の手法を学べる。

Texas Tech University/テキサス工科大学(米)

数学科

【数理生物学】 生物現象の数理モデル化やその厳密な数学解析の手法を学べる。

Université de Paris-Sud/パリ南第11大学(仏)

数学科

モデリングや数理モデルの解析を行っている研究者が多い。

Universität Wien/ウィーン大学(オーストリア)

数学科

【数理生物学】 生物現象の数理モデル化やその厳密な数学解析の手法を学べる。

学問をもっと深く知るために

[カオス、フラクタル、力学系、ランダム(複素)力学系]
『どうして高校生が数学を学ばなければならないの?』著者に聞く

角 大輝 先生
京都大学 人間・環境学研究科(総合人間学部兼担)

本コーナーは、中高生と、大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるよう、制作・運営されています。

「学べる大学は?」の「研究をリードする大学」で紹介する大学は、科学研究費の採択件数が多い大学です。( →詳しくはこちら )

各先生の所属など、掲載されている大学(学部・学科ほか)の名称は、2020年1月段階の調べによります。実際の進路選択等に際しては、各大学のHP等で改めてご確認ください。

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ