教育・心理系

グラン・トリノ

社会適応の際には、その職業、その職場特有の話し方、言葉の使い方が必要となります。クリント・イーストウッド演じる老人と、東南アジアから移民してきたモン族の少年との友情あふれる物語です。主人公の老人と移民の少年の友情のすばらしさに加え、その一方で少年を一人前にするために、社会人としての規範、慣習、話し方、男らしいふるまい方、ローカルな言葉の使い方などを老人が教えていく場面がところどころにあり、暮らしの中のことばを社会言語学的視点から考察する一例として面白い作品です。 (クリント・イーストウッド:監督)

同じ分野のおススメ本

こちらもおススメ




みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ