教育・心理系

電池が切れるまで 子ども病院からのメッセージ

すずらんの会

院内学級の子どもたちの詩とエピソードが紹介されています。治療のこと、両親や兄弟への思い、友だちの良さ、勉強できることの喜び、生きたいという強い思いから、子どもらしい生活とは何かを考えさせられます。 (角川文庫)

同じ分野のおススメ本

みらいぶっくへ ようこそ ふとした本との出会いやあなたの関心から学問・大学をみつけるサイトです。
TOPページへ